【驚愕】寝てる俺の手を使ってオナニーをしていた妹。かつての記憶が蘇り、そのまま突入してみた結果…

【体験談】人の手を使ってオナニーして勝手にアクメした妹。エロスイッチが入った俺は、妹の体を貪ると中出していいと言われたので…

 

俺には2つ下の妹がいる。俺が小学5年くらいになってエロくなり始めた頃だ。

 

まだ一緒にお風呂に入っていたから、よく妹と性器の触り合いをしていた。

 

最初は俺の方から「触りっこしよう」と言っていただが、そのうち妹の方からねだってくるようになった。

 

そのうち行為はエスカレートして俺が妹のアソコをクンニするように…。

 

妹が風呂の縁に座り、股を開いて俺がひざまずき、チュルチュルと舐めるのがたまらなかった。

 

妹も手で触られるよりもヌルヌルしてて気持ちいと言っていた。

 

いつ風呂場のドアが開いて、母親に覗かれないかビクビクしていたけど、生で性器を見たり、触ったり、味わったりするのはエロ本じゃ感じられないエロさで、すっごく興奮した。

 

そして遂に俺がオナニーを覚えて射精できるようになった時だ。中学1年くらいだったと思う。このときは、妹のアソコに指が入るようになっており、さすがにこのままだと一線を越えると思った俺は、それ以降クンニしたり、触り合ったりすることはなくなった。

 

もちろん、一緒に風呂に入ることもなくなった。急に俺が一緒に入らなくなったと言ったときは、妹はちょっと寂しそうな顔をしていたけど…。

 


そして俺が社会人になって、妹が大学生になったときに、過去を強制的に思い出されるちょっとした嬉しい出来事が起こった。

 

盆休みに帰省したとき、いつもは遊びに行っていない妹もいたんだけど、母からあることを告げられた。

 

母「あのさ、タカユキ(俺)の部屋の床が抜けそうだから、今日はマリコ(妹)の部屋で一緒に寝てね。」

 

俺「はぁ!?マジかよ!?床が抜けそうとかどんだけ暴れたんだしw」

 

母「しょうがないじゃない、うちはもう築58年になるし、リフォームもしてないから、いろいろとガタが来てるのよ。」

 

俺「ん~。それならいいけどさ。」

 

妹「いいじゃん、たまには小学生の頃みたいに川の字に布団敷いて寝ようよ~♪」

 

なぜか、俺と一緒に寝たがる妹…たしかに兄妹仲は悪い方じゃなかったけど、こんなオープンな妹だっけ?って思った。まあお互いの性器を触り合った仲だからなw

 

その日の夜は、焼肉でビールが進んでかなり酔っぱらっていた。妹も20歳になったからと言って、焼肉には絶対合わない激アマカクテルを美味しいとか言って飲んでた。

 

俺は上機嫌で風呂に入ったあと、そのまま妹の部屋に言って速攻で寝てしまった。

 

俺は夢の中で、右手がタコに吸い付かれる夢を見ていた。力いっぱい引きはがそうと思っても全然取れない。

 

右手はめっちゃヌルヌルしてて「気持ちわりぃなー」と夢の中で思っていた。しかもそれがだんだんと生暖かいヌルヌルに変わっていって、さらに気持ち悪くなった。

 

俺は目を覚まし、夢だとわかったんだが…。

 

なぜか右手がまだヌルヌルしてる。しかも生暖かい。ふと横に目をやると、妹が人の手を使って自分のアソコに押し当てたり、指を入れたりして、勝手にオナニーしていた。

 

夢にタコが出てきたのはそういうわけか…と意識が朦朧とする中で理解した。

 

うっすらと妹の「あんっ…」という喘ぎ声も聞こえてくる。

 

それと同時に過去の記憶がよみがえってきて、俺のエロスイッチがオン!

 

俺は自分の意志で手を動かしてみると…

 

妹「あっ…うぅん」

 

と不意に出た妹のエロボイスに大興奮。

 

妹は俺が目を覚ましたことには触れないで、「もっと動かしてほしい」とねだっているように思えた。

 

俺は女子大生になった妹のヌルヌルマンコの感触を味わい、かつてを思い出すように指を動かした。

 

妹「うぅっお兄ちゃん、もうだめぇ…」

 

妹は酔っていたこともあるのか、かなり感じてる様子…

 

たまらなくなった俺は、妹の足元に近づき、股を広げてピチャピチャと舐め始めた。

 

アソコはすんごいビチョビチョで、相当スケベだってことがわかった。

 

匂いは昔と違って小便臭くなくなっていて、ジューシーな女の匂いに変わっていた。

 

俺は焦らすようにアソコを堪能していると、妹が腰をよじらせて俺の頭を押さえつける。

 

妹「焦らさないで…はやく」

 

と待ちきれない様子。

 

俺はビッチョリになった愛液を一気に吸い上げるように膣口からクリまで舐め上げる。

 

妹「んはぁ…いいっ!」

 

俺「あんまり声出すと聞こえるぞ。」

 

妹はヤバいと思ったのか、手を口で覆って声を殺す。

 

クリの皮を舌で剥き、吸ったり甘噛みしていると、腰をガクガクさせる。

 

妹「あぁっ!イッちゃう…イックぅ」

 

体を反らせて絶頂した。

 

妹「はぁ・・・ハアァ…」

 

俺の髪の毛をぐしゃぐしゃにして快感に浸ってるようだった。

 

妹がなんだか可愛く思えて、膣奥から流れ出てきた愛液を全部吸い取るように舐めてやった。

 

夢中で舐めたせいか、もう顔がビチョビチョ。柑橘系の香りに包まれた。

 

すると、妹が俺を手繰り寄せて、首に手を回し大人のキスをしてくる。

 

お互いの舌を絡め合い、唾液を吸い合ったあと、唇を離すと、妹が色っぽい目をしてひと言。

 

妹「お兄ちゃんの入れて…」

 

と俺の痛いくらいに勃起したチンコをさすりながら言ってきた。

 

俺「でもまずくないか?」

 

妹「おねがい…我慢できないの」

 

そう言って妹は俺の服を脱がし始める。

 

もう完全に理性が吹っ飛んだ俺は、妹を仰向けにさせて我慢汁で濡れたチンコを熱く濡れた中心に当てがった。

 

妹「んっ・・・はやくちょうだい…」

 

妹は腰を下げて自分から入れようとする。

 

俺はチンコを欲しがる妹が可愛くて、ゆっくりと腰を前に出した。

 

亀頭が入ると、妹はまたイキそうなのか、腰をビクビクさせている。

 

妹「あんっ・・・もっと奥まで」

 

俺は一気に奥まで貫くと、膣壁の感触・締め付けが最高だった。たぶん妹のマンコを貫いてるっていう興奮も手伝ったんだろう。

 

妹はさっきよりも体をビクビクさせ、痙攣しまくる。

 

俺は妹の唇を塞ぎ、両手をガシッと押さえつけて一気に突き上げた。

 

妹「あぁん・・・す・・・凄い…またイッちゃう…」

 

また体を痙攣させて絶頂。アソコはさらに濡れまくり、愛液が泡立ったようなヌチャクチャといういやらしい音が響く。

 

俺も限界が近づいてきて、

 

俺「イッてもいいか?」

 

妹「うん…な…中に出して」

 

俺はパンパンになった金玉から熱い白濁液を妹の子宮にぶっかけた。

 

射精後、妹に中出ししてしまったという強烈な不安と恐怖に襲われて顔が青くなった。

 

妹は俺の不安げな顔を見て、

 

妹「今日は安全日だから大丈夫だよ。」

 

と言った。

 

俺「はぁ・・・よかった。」

 

妹「それより気持ちよかったね。昔みたいだった(笑)」

 

俺「今日のことは誰にも言うなよw」

 

妹「もちろん、お兄ちゃんとあたしだけの秘密だね。」

 

この日を境に妹は、大学の帰りに頻繁に俺のアパートに寄るようになり、大学を卒業するまで近親相姦が続いた。