泥酔して帰宅した姉の口にチンポを差し込んで、口内射精した結果…

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

【体験談】介抱してるうちに興奮してきたので、姉の口に射精してみると…

僕は大学3年生で、姉は大学4年生。姉は3年生までに単位を全部取り終えて、今はまったく大学に行っていない。就職も決まっているから、毎日バイトと遊びに夢中になっている。

 

毎週金曜日になると姉は、泥酔して帰ってくるため、優しい母がいつも介抱して部屋まで連れてってくれる。

 

「母さん大変だなー、おれは絶対にそうならねーぞ」と思っていた。

 

だが、先週の金曜日は状況が違った。

 

母と父は遠い親戚の法事に出かけていて、金曜日の夜に帰ってこなかった。

 

案の定、姉は両親がいないことをいいことに、飲み歩いて深夜の3時くらいに帰ってきた。

 

僕は当然グーグー寝ていたが、姉が玄関に入ってきて大声で叫んだ。

 

姉「ヤストー!ヤストーーー!!」

 

飲み歩いて、深夜に帰ってきた姉に起こされ、出迎えると…

 

姉の大声で無理やり起こされて、玄関に向かった。

 

姉は心配になるくらい泥酔していて、「姉ちゃん大丈夫かよ?」と聞いた。

 

姉「だいじょうぶよ~。ちゃんと歩いて帰ってきたんだからぁ。家だって間違えてないでしょ~?」

 

と言って、意識は大丈夫そうな感じ。

 

部屋に連れて行こうとすると、姉が突然嘔吐し、玄関がゲロの海になった

 

とりあえず、姉の腕を僕の首に回し、部屋に連れて行こうとすると…。

 

姉「うっ、気持ち悪い…吐きそ…ヴォエ!オロロロ…」

 

玄関に盛大に嘔吐した姉…。

 

最悪だ…。確か今日は13日の金曜日。

 

深夜に無理やり起こされて、姉の介抱して、さらにゲロまで処理しろってか…。こんな姉の弟になったことを心底恨んだ。

 

僕「姉ちゃん、大丈夫かよ?飲み過ぎだって…」

 

トイレに連れていき、介抱するがゲロの匂いでモラいそうになる僕…

 

姉「ウッ・・・ウヘェ・・・ごめん、ヤスト。でもまだ気持ち悪い…」

 

またゲロの上塗りをされてはたまらんと思って、僕は姉を急いでトイレに連れて行った。

 

姉は便器に顔を突っ込み、「おぇー!」と言いながら、激しくゲロる…。

 

僕は背中をさすってあげたけど、ゲロの匂いで、モラいそうになるのを必死にこらえてた。

 

少し落ち着いたようだから、水を取りにリビングに行き、姉に飲ませた。

 

姉「はぁ・・・ちょっとスッキリした・・・ありがとう。」

 

僕「もう大丈夫?部屋に行くよ?」

 

姉「うん・・・」

 

とりあえず、玄関のゲロはそのままにして、姉を2階の部屋に連れて行った。

 

部屋に着くと、「暑い、脱がせて」というので、マッパにすると…

 

姉をベッドに横にすると、「暑い・・・暑い・・・」というので、上着を脱がせてあげた。

 

姉は「こんなんじゃまだ暑いよ。全部脱がして…」と僕に言った。

 

姉の全裸をこれから見られると思うと、ちょっと興奮する…。

 

僕「わ・・・わかったよ。」

 

と言って、ブラとパンツを脱がし、全裸にした。

 

柔らかそうなおっぱいと、真っ黒い陰毛が卑猥な姉のアソコ…。

 

僕の股間は、一人の女として認識したらしく、血液が集中してしまった。

 

姉「ありがと・・・はぁ、涼しくてきもちいい、おやすみぃ」

 

とスースー寝息を立てて寝てしまった。

 

素っ裸で寝てしまった姉に興奮してしまった僕は、姉をイタズラを始めた

 

この勃起したチンポをどうにかしてやろうと思って、手始めにおっぱいに吸い付いた。

 

乳首が大きくて抜群の吸いごたえだ。舌で乳首を転がすと、どんどんコリコリと硬くなっていく…。

 

僕は姉のアソコも触りたくなり、恥毛までそっと手を這わす。

 

ザリザリッという感触を通り抜け、柔らかい陰唇に到達…。

 

汗なのか、おしっこなのか、少しだけ湿っている姉のアソコ。

 

僕はヨダレを付けて、姉のクリトリスを指の腹で撫でる。

 

姉は「う~ん、むにゃむにゃ・・・」と若干目を覚ましたものの、またすぐに寝始めた。

 

寝たのを確認して今度は、指全体にヨダレを付けて、姉の膣穴に挿入して、出し入れしてみる…

 

姉の絡み付く気持ちよさそうなマンコに、思わず挿入してしまった

 

指1本なのに、絡み付いてくるような締まり…。「姉ちゃんは名器かもしれん」と思った僕は、急いで僕の部屋にあったコンドームを取ってきて、姉のアソコを突き貫いた。

 

やばい…数回動かしたら、射精してしまうくらい気持ちいい・・・

 

僕はこんなチャンス二度とないと思ったから、必死に我慢して腰をゆっくりと振った。

 

でもだんだん射精感が襲ってくる…。

 

我慢できず、イク寸前に姉の口を無理やり開けて、精液を流し込むと…

 

僕は激しく腰を振って、イク寸前に姉の口をこじ開けて、そのまま口内射精してしまった。

 

口に大量の精液が流し込まれたことで、姉がむせ返る。

 

姉「ゴホッ、ゴホッ!!」

 

口に入ってた精子がベッドに飛び散った。

 

姉「ちょっとイヤだ・・・あたしまた吐いちゃった?」

 

酔いと寝ぼけで、自分のゲロだと勘違いしている姉。

 

僕の下半身が裸だと気づいていないから、姉に「大丈夫だよ。おれが綺麗にしておくから、姉ちゃんは寝てて」と言って、急いでズボンを履いた。

 

間一髪…姉にバレずに済んだ。酔っぱらってて、マジでよかった。近親相姦なんて近所で噂になったら住めなくなるよ。

 

スッキリした僕は、ベッドに撒き散らされた精液をティッシュで拭いて、部屋を出た。

 

さっきの気持ちいいセックスの余韻に浸ったのも束の間、思い出した…。

 

まだ玄関に盛大に放たれたゲロの処理が待っていたんだ。

 

もうそのまま、放っておいて、母に処理させようと思ったけど、姉に良い思いをさせてもらったから、途中モラいそうになりながらも、キレイに掃除した。

 

掃除が終わったときには、もう日が昇り始めていて、朝になっていた…。

 

お昼ごろに姉が起きてくると、

 

姉「ヤスト、昨日はごめんね。2階まで連れてってくれて。」

 

僕「ホントだよ!大変だったんだからな。玄関でゲロは吐くし、部屋まで連れて行けば、暑いから脱がせろとか言ってさ。」

 

姉「ごめーん。でもそれ以上にいい想いが出来たでしょ?」

 

と意味深な言葉を言って、姉はまた2階に戻っていった…


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ