柔道が強い姉に「毛生えた?」と言われ、強制的にズボンを脱がされた結果…

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

【体験談】姉におもちゃにされ、ついにチンコまで弄ばれるようになった

 

僕には高校3年生の姉がいて、柔道がめっちゃ強い。大会に出て優勝するほどの実力。姉の部屋にはぞろぞろとトロフィーが飾ってある。

 

そんな姉に僕は技をかけられ、姉のいい実験台になっていた。

 

僕が中学1年生の冬休みに、姉からいつものように「練習に付き合って、新しい技覚えたんだよねー」と言われ、僕は首を横に激しく振った。

 

姉の柔道技をかけられる良い道具になっていた僕

 

姉「はぁ?何拒否してんのよ?いくよ!」

 

姉は僕を追っかけまわし、僕は部屋中を走り回って逃げたけど、体格のいい姉に捕まってしまい、新技をかけられた。

 

僕「姉ちゃん、痛いっ、痛いって!やめてよ!」

 

姉「ふふ、効いてるでしょ?イヤだったら、自分で抜け出してごらん」

 

僕は、必死にかけられた技から抜け出そうとして、あがいた。

 

技から抜け出そうとするうちに、姉のおっぱいに顔をうずめる形になってしまった…

 

あがいているうちに、姉のおっぱいの近くに顔がいってしまい、あろうことか、おっぱいに顔をうずめる形になった。

 

姉「ちょっと何してんのよ?この変態!」

 

僕「ばっ、バカ!違うよ!不可抗力だよ不可抗力!大体姉ちゃんが、おれをおもちゃにするんが悪いんだろ!?おれの気も知らないでさ。」

 

姉「ハハ!ごめんね、キヨシ。ところでさ、あんたもう毛は生えたの?」

 

僕「何だよ?毛って?」

 

姉「チン毛だよ、チン毛!」

 

姉の下品な言葉に、僕は心底うんざりした…。

 

僕「姉ちゃん、女なんだからチン毛とか下品な言葉言うなよ!」

 

姉から「もうおチンチンの毛は生えた?」と聞かれて…

 

姉「はいはい、キヨシちゃん、もうおチンチンの毛は生えたの?」

 

僕「言い方変えればいいってもんじゃないし…。」

 

姉「早く答えなさいよ!また技かけるよ?」

 

僕「うん、もうボーボーだよ!」

 

と僕は恥ずかしくなって、とっさにウソをついた。

 

姉に「チンコを見せろ」と言われ、強引にズボンとパンツを下ろされた

 

姉「うっそ?マジ!?ボーボーなの?ちょっとお姉ちゃんに見せてよ。」

 

僕「はぁ!?冗談だろ?無理だって。」

 

姉「うるさい!早く脱げ!」

 

と僕は姉につかまり、ズボンとパンツを一気に下ろされた。

 

チンコには、チョロッと生えている陰毛…。

 

姉「へぇ~、まだチョロッとじゃん。なあにがボーボーよ。このウソつき~」

 

僕「うるさいなー。だったら姉ちゃんはどうなんだよ?」

 

姉「あたしはもう大人だからねー!それなりに。」

 

僕「じゃあ見せてよ。おれだって見せたんだからいいでしょ?」

 

姉「しょーがないなー。」

 

と言って、姉はスカートとパンツを脱いだ。

 

姉のアソコを見せてもらい、チンコに血液が集中し始める…

 

姉の股間に目をやると、黒い毛が逆三角形に生えていて、大人の女って感じがした。

 

生で見る女の裸体に、僕のチンコには血液が集中し始めた。

 

姉「どう初めて見るでしょ?女の子のアソコ。」

 

僕「うん。」

 

と僕は興味津々で姉のアソコを見た。

 

「ひとりエッチしたことある?」と聞かれ、「ない」と答えると…

 

姉「キヨシって、ひとりエッチしたことある?」

 

僕「ないよ。姉ちゃんは?」

 

姉「あたしはあるよ。ほぼ毎日!(笑)」

 

姉はケラケラ笑って言う。

 

姉「一人でしたことないんだったら、お姉ちゃんが教えてあげるよ」

 

と言って、姉が僕の横に座り、チンコを触りだした。

 

姉「あれっ?ちょっとおっきくなってない?あたしのアソコ見て興奮したんでしょ?」

 

僕「しょーがないじゃん。初めてのことなんだし。」

 

姉は「意外とおっきいね。」と言いながら、細い指で僕のチンコを上下に動かした。

 

皮がズルッと剥けて、「痛い?」と聞いてくる姉。

 

僕「ううん。大丈夫。」

 

姉は、両手で僕のチンコをつかみ、シコシコと激しく動かした。

 

気持ちいいな~なんて思っていると、そのうちお腹のあたりに何かを感じるようになった。

 

僕「姉ちゃん、なんかお腹のあたりが変な感じがする・・・」

 

姉「変な感じ?」

 

姉に両手で手コキされ、姉の体に精液を撒き散らしてしまった

 

僕「うん、なんか出ちゃいそうな感じ」

 

姉「いいよ。このまま出しちゃって。」

 

姉はさらに激しくシゴき、僕のチンコからは、白い液体が飛び出し、姉の体に飛び散った。

 

姉「うわぁ。いっぱい出たね。これが精子だよ。今度ムラムラしたら自分でやってみな。」

 

姉はそう言って、精子でドロドロになったチンコをティッシュで拭いてくれた。

 

「姉ちゃんはどうにひとりエッチしてるの?」と聞いてみると、実演してくれた

 

僕「姉ちゃんはさ、いつもどうやってるの?」

 

姉「じゃあこれから見せてあげる。」

 

そう言うと、姉は少し足を開き、黒い陰毛を触りだした。

 

ゆっくりと、アソコの部分を両手で開いて、僕に見せてくれた。

 

姉に言われるがまま、クリを弄り、膣内に指を入れてみた。そして…

 

姉「ここにお豆みたいなのがあるでしょ?あたしはここが一番気持ちいいんだぁ。ちょっと触ってみて。」

 

僕は姉の言われるがまま、ピンク色の豆を指で触ってみた。

 

すると、さっきまで余裕の表情だった姉が、徐々に様子が変わってきた。

 

姉の目を見ると、色っぽい女になっていて、さっきまで柔道技をかけてきた姉とは全然違った。

 

姉は「うん・・・あっ・・・」という声を出して、気持ちよさそうな表情をした。

 

今度は、姉が股を少し開いて膝立ちすると、中指をアソコ中に突き刺した。

 

姉「ここがオチンチンが入るところだよ。指を入れると超気持ちいいの。キヨシも入れてみて。」

 

僕は姉に手をアソコに誘導され、指を入れると、ヌルッとしてスムーズに奥まで入ってしまった。

 

温かい肉が僕の指に絡みつく感じ…。ヌルヌルで気持ちいい感触と、姉の体温を直に感じられて、僕のチンコはどんどん硬くなっていく。

 

姉の息遣いは荒くなり、「うっ、あんっ!」とエロい声を出すようになり、僕のチンコを握って、跨ってきた。

 

姉が「せっかくだから入れてみよっか」と言うので、近親相姦することに…

 

姉「せっかくだから入れてみよっか?」

 

と言って、姉は腰を下ろし、僕のチンコが姉の中にヌププと入っていく。

 

手でシゴかれたときよりも、何百倍も気持ちいい、この感触。

 

姉「あぁ、キヨシのオチンチンおっきいよ~。気持ちいい・・・」

 

と姉の上下運動がどんどん激しくなっていった。

 

すると、また何か出そうな感じになり、姉に「姉ちゃん、またなんか出そう!」と言うと、姉はサッとチンコを抜いて、手でシゴいてくれた。

 

2発目は、姉の顔にかかって、「くっさーい!」と文句を言われた

 

勢いよく精液が飛び出し、姉の顔にかかると、「くっさーい!」と僕に言った。

 

それ以来、姉は僕に柔道技をかけるのをやめて、「またしよっ」とセックスに誘ってくるようになった。

 

あのとき、技をかけられてよかったなーと今となってはいい想い出。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ