姉と二人で海へ!他カップルの青姦を覗いてしまい、欲情した姉弟は岩陰で近親相姦をしてしまう

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

僕が大学1年生で、姉が大学4年生の夏のこと。

 

姉が「一緒に海に行こう!」と弟を誘う

 

姉と僕は一緒にテレビを見ていたら、おもむろに「ねぇ、今度の土日に海に行かない?」と言ってきた。

 

僕「えっ?おれと行くの?」

 

姉「そうだよ。本当は大学の友達と行く予定だったんだけど、都合が悪くなっちゃったらしくてさ。海に一人で行くってなんかヤバイ人じゃん(笑)」

 

僕「そーなんだ。じゃあ行くかー!」

 

海なんて行くのは、小学生ぶりで、ちょっとワクワクした。

 

当日、姉の運転で家から高速を飛ばし、2時間くらいで湘南の海に着いた。

 

姉「着いたねー!いっぱい人いるよ~。たのしそう!」

 

早速、僕たちは海の家に行って、パラソルを借りた。

 

姉は更衣室から青のビキニを着て出てきた。

 

姉のEカップビキニは太陽の光で眩しいくらい、ビキニ姿にくぎ付けになる弟

 

太陽の光で姉の水着姿がやけに映えている。おっぱいもEカップはありそうで、歩くたびにゆさゆさ揺れる姉の乳房。

 

スタイルも良くて、ボン・キュッボンッな女だ。弟のくせに姉のビキニにくぎ付けになってしまった。

 

姉「ねぇ、泳ご!」

 

僕「うん!」

 

海に潜って、魚を見つけたり、二人で浮き輪につかまって遊んだりした。

 

1時間くらい経って、お腹が減ったから、姉をパラソルに残して、僕はやきそばを買いに行った。

 

2人の男たちからナンパを受ける姉、弟を彼氏だと言って追い払う

 

戻ってくると、姉が男2人からナンパを受けている…。

 

しかもちょっとヤンキー風の…。ナンパされてちょっと困り顔の姉。

 

「イヤだな~何か言われたらどうしよ…」とブルーになりながら、姉の元にトボトボ歩いていく。

 

すると姉が「こっちだよ~!」と僕に声をかけた。

 

「おい!やめろ姉貴…おれの存在をヤンキーたちに知らせないでくれ…ぶん殴られたらどうするんだよ」とマジで思った。

 

姉はそのナンパ男たちに言った。

 

姉「ごめんなさい、今日彼氏と来てて…」

 

ナンパ男「え~っ!マジでタイプだったのに、超ショック!!!」

 

とか言いながら、去っていった。

 

僕は内心ホッとした。

 

僕は姉にやきそばを渡すと、「ああ、怖かった!ユウスケが居てくれて助かったよ。」と言われた。

 

僕「姉弟でも、彼氏に見えたんだね!」

 

姉「見えるでしょ~。あたしたちそんなに似てないしぃ!」

 

とケラケラ笑っている。

 

僕が姉の隣に座ると、姉が僕の肩に頭を付けてきた。

 

姉「ほら、これなら絶対に恋人同士だよ」

 

僕と姉は以前から体に触れることは抵抗なかったけど、さすがに外でやられたのは初めてだったから、めちゃくちゃ照れてしまった。

 

僕「姉ちゃん、やめろって。恥ずかしいじゃん」

 

姉「えぇ!今日は恋人同士ってことにしよーよ。またナンパされるかもしれないし(笑)」

 

と言って、姉は僕にさらに近づいて、「はい、あーん。」とやきそばを食べさせてくれた。

 

昼食を食べ終わると、姉は僕を人気のない岩陰に連れて行った…

 

食べ終わって、「ねぇ、ちょっとここ人が多いから、あっちの岩陰に行こうよ!」と姉が提案してきたから、行ってみることにした。

 

案の定、穴場っぽくて、いるのは僕たちだけだったようだ。

 

あちこち、散策してると、何かが聴こえた。

 

パンパンパンという音に、「あぁあん。いい」という喘ぎ声のようなもの。

 

僕はその場所にそっと近づき、岩陰からコッソリ覗いてみた。

 

すでにその岩陰には先客が…しかも青姦していて、弟はそれをオカズにオナニーを始める

 

すると、若いカップルが青姦中だった。

 

青姦なんてAVの世界だけだと思っていた僕はもう大興奮。

 

僕の股間はどんどんテントを張っていく…。

 

あのカップルには悪いが、オカズにさせてもらった。

 

視姦しながら、ズボンに手を入れて、シゴく…。

 

5分ほど見ていると、セックスが終わってしまい、僕はあと少しというところで射精を逃した。

 

だいぶ欲求不満だったけど、続きは家に帰ってからしようと思い、姉の元に戻った。

 

姉「あっ、ユウスケ!どこ行ってたの?」

 

僕「その辺を散策してたんだよ」

 

姉「ねえ、さっきのカップル見た?」

 

僕「えっ?カップルって?」

 

僕はしらを切った。

 

カップルの青姦を覗いていたのが姉にバレていた…問い詰められる弟…

 

姉「実はさ、ユウスケを探してたら、あのカップルがエッチしてるところ見ちゃってさ。そしたらユウスケが岩陰からエロ顔で覗いてるのが見えちゃって…」

 

僕「えっ!姉ちゃん知ってたの?」

 

姉「ズボンに手を入れてたけど、あれって、触ってたんでしょ?」

 

僕は何も言えず、黙り込んだ。

 

姉「いやいや、いいじゃん。男の子なんだし。そもそもあんなところでエッチしてるあの人たちも悪いんだから。でもユウスケのエロ顔が面白くってさ!(笑)」

 

僕「そ・・・そんなに笑うことないだろ!ったく、めっちゃ恥ずかしいんだからさ」

 

海パンの上から、テントを張っている股間をまさぐってくる姉

 

姉「で、最後までしたの?」

 

と言って、姉は僕の股間に海パンの上から手で触った。

 

姉「やっぱりまだ硬いね。出せなかったの?」

 

僕「姉ちゃん、マズイよ。」

 

僕は姉の手を振り払った。

 

姉「こんなに硬くしてるくせに、何言ってるのよ。ほら、こっちにおいで」

 

姉は僕を人に見られない奥の岩陰に連れて行った。

 

僕「姉ちゃん、こんなとこで何するの?」

 

奥の岩陰に連れていき、「さっきのカップルみたいなことしっか?」とセックスに誘ってくる姉

 

姉「シーッ!さっきのカップルみたいなことしよっか?」

 

姉はそう言って、また僕の股間を触ってくる。

 

姉「さっきの見て興奮しちゃったんでしょ?あたしが出させてあげるよ。」

 

姉は両手で弟のチンコを優しくシゴく

 

海パンをズリ下ろし、勃起したチンコを両手で優しくシゴく姉。

 

僕はあまりの気持ちよさに、「あっ!」と声を上げてしまった。

 

姉「フフ。気持ちいいでしょ~!」

 

姉からの手コキは、極上だった。徐々に激しくなっていく手コキに僕はこみあげてきた。

 

僕は「くっ、姉ちゃんそろそろ…」と言うと、手コキをやめ、まさかの寸止めを食らった。

 

すると姉は、自分のブラを外して、「あたしのもの触って…」とはにかんで言った。

 

夏の太陽の下で、露わになる姉のEカップおっぱい。白くてマジでエロかった。

 

姉のおっぱいを両手でわしづかみにし、乳首を吸いまくる。

 

姉「あん…」

 

いつもとは違う声が口から漏れる。

 

僕は興奮して、ビキニのパンツに手を這わせた。

 

僕「姉ちゃん、いい?」

 

というと、姉は何も言わずにうなずいた。

 

パンツをズラすと綺麗に整った陰毛が見えた。

 

興奮が最高潮になった僕は、姉を砂の上に寝かし、体中舐めまわす。

 

両足を広げて、アソコを見ようとしたら、姉は両手でアソコを隠した。

 

姉「こんなに明るいのに恥ずかしい…」

 

僕「じゃあ見ないから、手で触ってあげるよ。」

 

と言って、姉の割れ目に手を添えた。

 

姉を砂の上に寝かせて、マンコに指を這わせると…すでにグッショリだった

 

中指を立てると、ヌルッとしていて、すでに濡れている。

 

僕「姉ちゃん、もう濡れちゃってるよ。」

 

姉「そういうこといわないの!」

 

姉は顔を赤くして恥ずかしがりながらも、体をピクンとさせて感じているようだった。

 

僕は姉の愛液を指に付けて、クリトリスを重点的に刺激していると、急に姉の息遣いが荒くなった。

 

そろそろイクかな?って思いながら、姉の乳首を吸いながら、クリに少し力を入れてマッサージしてみた。

 

すると、姉の顔が真っ赤になり、「んっ!」と小さく体をよじったあと、「はあぁ!」と大きく息を吐いた。

 

弟の手マンでイッてしまったイケナイ姉

 

僕「姉ちゃん、大丈夫?」

 

姉は僕の首に手をまわして、耳元で「イッちゃった…」と可愛く囁いた。

 

僕は姉を気持ちよくさせ上げられたことに満足感を覚えていたが、どうにもこのいきり立ったチンコは収まる気配がない。

 

僕「姉ちゃん、おれのもしてよ?」

 

姉はイカせてくれたご褒美に「挿れさせてあげる」と言ってきた。ゴムもない弟は生で初相姦

 

姉は少し考えるそぶりをして、

 

姉「イカせてくれた、ご褒美に挿れさせてあげる」

 

と言って、姉はアソコを広げた。

 

僕は正常位スタイルで、姉のアソコにチンコを当てて、ゆっくりと腰を前に振った。

 

さっきイッたマンコだから、ヌルヌルでめちゃくちゃ気持ちがいい。

 

タコのようにチンコに吸い付いてくるような姉の膣壁。

 

腰を振るたびに、射精したくなる…。

 

僕「姉ちゃんのマンコが気持ちよすぎて、もうダメだ…」

 

姉「いい?中に出しちゃだめだよ。イク瞬間に抜いて、あたしのお腹にいっぱいかけて…」

 

そう言うと、姉は僕のチンコを膣で締め付けながら、両手で僕の乳首を触る。

 

ヌルヌルと最高の締まりを持つマンコに耐えきれず、お腹に腹射してしまった弟

 

あまりの快感に、「姉ちゃん、もう出るっ!」と言って、姉のお腹にイキそうになってるチンコを出した。

 

すると、姉は超高速手コキでシゴいてくれ、ドピュッドピュゥ!と大量に撒き散らしてしまった。

 

お腹には真っ白な精液が姉の体をコーティングしていて、最高にエロかった。

 

姉「ユウスケ、気持ちよかった?」

 

僕「うん、最高だったよ!」

 

姉は海で体を洗ったあと、一緒にパラソルに戻った。

 

僕「姉ちゃん、気づいてた?」

 

姉「えっ?何を?」

 

僕「おれたちがエッチしてたところを覗かれてたって。あのカップルに…」

 

姉「えぇ!ウソでしょ!?」

 

僕「本当だよ。姉ちゃんの喘ぎ声で男がチンコシゴいてたよ」

 

姉「えぇ~!超恥ずかしいんだけど…」

 

僕「ハハ。ウソだよ!冗談!!」

 

姉「なんだー!もう、変なウソつかないでよ!!」

 

と姉は僕の腕にしがみついた。

 

それ以来、この関係がずっと続くと思ったけど、現実はそう甘くはなかった。

 

あれから、姉に言い寄っても、全然相手にしくれない。

 

僕が「あのときのようにもう1回しようよ!」と何度誘っても「あのことは忘れてちょうだい!」の一点張り…。

 

やっぱりあの夏の開放感とカップルのエッチを覗いて、興奮していたからなんだなと理解した。

 

大学1年のときの甘いような酸っぱい思い出だ。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ