【狂気】離婚寸前で実家に帰ってきた姉(29)に、チンコしゃぶらせて近親相姦した結果…

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

【体験談】姉が酔っぱらって寝ている姿に興奮し、ディープキスをすると姉も舌を絡めてきたので…

 

姉は20歳のときに、結婚し今は子供が2人いる。

 

旦那とケンカしたらしく、今年の2月に子供2人を連れて実家に帰ってきた。

 

旦那とケンカして実家に帰ってきた姉と娘2人

 

姉「ただいまー!お母さんいるー?」

 

そのとき母と僕はリビングでテレビを見ていた。

 

母「えっ?もしかしてサキ(姉)が帰ってきた」

 

と僕に言う母。

 

僕「うん、なんだか姉ちゃんぽいよね。」

 

母と僕は玄関に行くと、姉がデカいスーツケースを持っていた。

 

母「ちょっとサキ、どうしたの急に?」

 

姉「お母さん聞いてよー!あいつ(旦那)がさー、浮気ばっかりするんだよ。もう我慢できなくってさー!」

 

だいぶうっぷんが溜まっているようで、次々と出てくる旦那の悪口…。

 

母「まあ話はあとで聞くから、とりあえず入りなさい。ひなちゃん(娘6歳)、ちかちゃん(娘5歳)。いらっしゃい。」

 

娘たち「こんにちわー!」

 

娘ふたりは、ばあちゃんちに遊びに来たくらいの気分で、もうおおはしゃぎ。

 

久しぶりに活気のある我が家になって、僕もちょっと楽しくなってきた。

 

みんなでワイワイ食卓を囲んだ後、母とふたりで姉のケンカ原因を聞くことになった…

 

その夜は母が腕を振るって、娘たちの好きなから揚げ、ピザ、卵焼きなどを作ってくれた。

 

娘たちは大喜び。いつもと違うメンバーでご飯を食べるのが嬉しかったんだろう。

 

楽しそうに食べてるふたりを見ると、「女の子ってかわいんだな~」としみじみ感じた。

 

そして食事が終わって、お風呂に入ったあと、娘たちは移動の疲れもあったのか、布団でスヤスヤと眠ってしまった。

 

その後、姉のケンカの原因と今後のことを3人で話し合うことになった。

 

ビールを飲みながら…。

 

2度と浮気しないと誓った旦那が、また出会い系をやっていてスマホにはその女とのエロい写真があって我慢できずに家を飛び出してきたらしい

 

姉「でさー、聞いてよ。子供ができるたびに外で女作って遊んでてさ。あたしが育児で大変だっていうのに。」

 

母「そうだったの…。大変だったわね。」

 

姉「ホントだよ。でも子供まだ小さいから離婚したら生活も大変になるし、我慢したんだよね…。」

 

母「偉いわよ、サキ。」

 

姉「で、ついこないだのことよ。もう2度と浮気はしないって誓ったのに、スマホで出会い系使って女とメールしてんの…頭に来て、旦那のスマホデータ見たら、その女とのエロい写真がたくさんできたわけ。もうダメだ…と思って出てきちゃったんだよね。」

 

僕「そりゃひどいなー。姉ちゃん、慰謝料貰って別れたほうがいいやつだよ。元に戻っても絶対幸せには慣れないだろうし。」

 

母「そうね。あたしもそう思うわ。浮気する人って直らないっていうし。」

 

「離婚しても、みんなで働けば子供二人くらいは育てられるよ」と姉を慰めてあげると…

 

僕「そうだね。おれと母さんも働いてるし、姉ちゃんもこっちで仕事見つけて働けば、子供ふたりくらいは育てられるんじゃないかな。」

 

姉は僕と母の言葉を聞くや否や、泣き出してしまった。

 

姉「うぅ~!ありがとう・・・旦那と話し合えとか言われたらどうしようかと思ってたんだよね…。」

 

大号泣で姉の顔はもうグチャグチャ…。いつも強気な姉だったから、こんな姿を見て正直びっくりした。

 

よっぽど辛かったんだろうな…ていうのが姉から伝わってくる。

 

その後、旦那とは正式に離婚が決定し、慰謝料と養育費(月4万)を払ってもらうことになったらしい。

 

姉は正式に離婚し、地元のスーパーで働くようになった

 

姉も近所のスーパーで働きだし、娘ふたりも地元の学校に通うようになった。

 

娘ふたりは僕に結構懐いてくれて、仕事から帰ったらいつも遊んであげるのが日課になった。

 

「お兄ちゃん今日は何して遊ぶ?」

 

「あたし、お人形さんで遊びたーい」

 

「えぇ~!もう飽きたー!」

 

こんなふたりの会話を聞いてるだけで、仕事の疲れがふっ飛ぶくらい楽しかった。

 

いつしか、仕事が終わって姉の娘2人と遊ぶのが楽しくて、同僚とかの誘いも断ってまっすぐ家に帰るようになった。

 

そんな楽しい日が続いたある日、母が町内会の旅行でひと晩家を空けたときに、禁断の事件が起きた

 

ある日、母が町内会の旅行でひと晩だけ、家を空けることがあった。

 

その日は僕は仕事、姉はシフト休み。

 

僕が帰宅すると、「今日はあたしがご飯作るね」と言って、料理を作ってくれた。

 

娘ふたりと食卓を囲んだとき、なんだか父親になった気分だった。

 

娘が今日学校であったこととか、○○ちゃんがラブレター渡してた、鉄棒してたら腕が抜けたとか、いろんな話をしてくれてすっごく楽しい。

 

夕飯が終わると娘が、

 

娘たち「ねぇ、また遊ぼ!次はなにする~?」

 

と言ってきたので、たっぷり遊んであげた。

 

夜8時くらいになると、姉が「はい、もう終わり~。お風呂に入るよー」と言うと、娘たちが口をそろえて、

娘たち「えぇー!いやだー!」

 

と全否定。

 

姉「ダァメっ!早く入るよー」

 

娘たちが一緒にお風呂に入りたいというので、一緒に入ることになり…

 

娘たち「今日はお兄ちゃんと入るー!」

 

相変わらず無邪気な娘ふたり。この無茶ぶりに思わず笑ってしまった。

 

姉「お兄ちゃんはお仕事で疲れてるからダメでーす!はーい、ママと入りたい人ー!?」

 

娘たち「シーン…」

 

口をそろえて言う娘ふたりの姿に僕は噴き出してしまったw

 

僕「姉ちゃん、いいよ。おれがお風呂入れるから。」

 

姉「えっ、いいの?大丈夫?」

 

僕「うん、大丈夫。だと思う(笑)」

 

娘ふたり「ぃやったー!」

 

大喜びの娘を見ると、なんか求められてるようでめちゃくちゃ嬉しかった。

 

一緒にお風呂に入ってみると、

 

娘「お兄ちゃん、あたしの頭洗って~」

 

椅子にチョンと座って、僕に背中を向けてくる。

 

なんだか可愛くてしょーがなかった。

 

すると、姉が心配して、風呂のドアをガラッと開けた。

 

僕は急いで股間を隠したが、姉の視線からして完全にチンコを見られた感じがした。

 

僕「大丈夫。もう2人とも体洗い終わったから、あとは10数えて出るだけ。」

 

と言って、風呂のドアを閉めた。

 

その後、娘ふたりをお風呂から出してあげて、やっと一人風呂。

 

慣れないことやってめっちゃ疲れたけど、「お兄ちゃん、お兄ちゃん」って慕ってくれる娘ふたりが可愛かった…。

 

僕は「(あぁ、おれにもこんな娘が出来たらいいなー)」なんて、物思いに耽った。

 

お風呂から出ると、娘二人は姉に寝かしつけられて布団にいた。

 

まだ目を開けているようで、

 

娘「お兄ちゃん、明日も遊ぼうね。」

 

とニコッと笑いながら言ってきた。

 

僕「うん、遊ぼね。」

 

と手を振って、僕は自分の部屋に行った。

 

風呂から上がって、僕は自分の部屋でくつろいでいると、姉が入ってきて…

 

30分ほどして、部屋のドアがコンコンッと鳴った。

 

姉「イッペイ(僕)?入るよ。」

 

僕「あぁ、姉ちゃん。どしたの?」

 

姉「今日はありがと。お風呂まで入れてくれて」

 

僕「全然いいよ。娘たちおれを慕ってくれてるようだし、可愛いから。」

 

姉「ほんと、あの子たちイッペイのことが大好きになったみたいだわ。前の旦那にはあんなに懐かなかったんだから。」

 

僕「そぉなんだ。あんなカワイイ娘を手放すなんてもったいないね。」

 

姉が一緒に飲まない?というので、ふたりで飲むことに…

 

姉「ありがと。あのさ、今日ちょっとふたりで飲まない?」

 

僕「うん、いいよ。明日休みだし。」

 

そう言って姉と一緒にリビングで一杯飲むことにした。

 

ビールで乾杯して、元旦那の詳しい話やら恋愛話を肴に、酒も進んでいった。

 

姉はグイグイとビールを飲み、徐々に顔が赤くなっていった。

 

姉「ねぇ、イッペイはさ、彼女とかいないの?」

 

僕「居たら、こんなに家に居ないでしょw」

 

姉「フフ。たしかに。」

 

僕「まあ出会いとかもないしね。職場にはおばちゃんしかないし。」

 

性欲の処理はどうしてるの?と酔った姉が聞いてきたので、「普通に一人でしてるよ」と答えると、姉がいきなりディープキスをしてきた

 

姉「そぉなんだ。えっ、じゃあ処理とかどうしてるの?」

 

僕「処理って…?」

 

姉「んもー。わかってるくせに。あんたまだ若いんだから溜まるでしょ?」

 

僕「あぁ!オナニーね。してるよ、普通に。」

 

僕は酒も入ったこともあり、あっけらかんとして言った。

 

姉「へぇ。そう。だからイッペイのおちんちん、おっきかったんだね。」

 

僕「うわー、やっぱり見られてたか。なんか視線感じたんだよねー。やられたっw」

 

僕はケラケラ笑っていると、姉はいきなり僕に近づいてきて、ディープキスをしてきた。

 

まさかとは思ったけど、この展開はヤバ過ぎる…。リアル近親相姦になるパターンだ。

 

母もいないし、逃げられないと思った。

 

姉の唇は厚くて触れるだけで気持ちがいい。そして姉の柔らかい粘膜が心地よくて、すぐに僕のパジャマにはテントが張ってしまった。

 

姉の唇が興奮のスイッチになり、お互いに激しく舌を絡め合ってしまった…

 

僕もすっかりスイッチが入ってしまい、お互い激しく舌を絡め合った。

 

さすがに姉のおっぱいは揉めない。揉みたかったけど…。

 

何もしてこない姉はしびれを切らしたようで、僕の手を持ち、自分の胸に当てて揉みしだいてきた。

 

以前チラッと聞いた姉のFカップを今僕が揉みしだいてる…。そう思うだけで激しく興奮し頭がおかしくなりそうだった。

 

すると姉が耳元で、

姉が「生で触って…」というので、Fカップの生乳を揉みしだき、乳首を交互に吸いまくった

 

姉「生で触って…」

 

と言って、服を脱ぎだした。

 

お腹は帝王切開の跡があったり、シワシワになっていたけど、おっぱいは形もよくて乳首が大きく、吸いやすそうだった。

 

もう我慢の限界だった僕は姉を押し倒し、おっぱいを揉みしだき、乳首を交互に吸いまくった。

 

姉「あぁん・・・イッペイ・・・気持ちいぃぃ!!」

 

僕「そんな大きな声出したら、子供たちが起きるよ。」

 

と言うと、姉はとっさに手で口を覆った。

 

姉「だって…ひさしぶりだから、感じちゃうよ~」

 

と甘えた声で言ってくる姉。目がトロンとして見つめてくる姉がすごく愛おしくなった。

 

僕「じゃあ今日はいっぱい気持ちよくさせてあげるよ。」

 

と言って、姉のおでこ、首筋、鎖骨、お腹にチュッチュッとキスをしながら、全身を愛撫していく。

 

下はパンツだけにして、太もも・ふくらはぎ、足首、足指と舐めていき、アソコギリギリまで舌を這わしながら焦らした。膣口部分には、すでにシミが出来ている…。

 

なかなかパンツを脱がさない僕に、我慢できなくなったのか、自分からパンツを脱ぎ始める。

 

脱ぐ瞬間、アソコからネバッとした液体が糸を引くのがわかった。

 

焦らしに耐えきれず、「早く舐めて」と求めてくる姉…

 

姉「ねぇ、そんなに焦らさないで早く舐めてよ…。」

 

そう言って姉は足をM字状態にして僕にアソコを見せつけてきた。

 

姉のアソコは綺麗に脱毛されていて、チョビッと生えた陰毛だけで、あとはツルツルだった。

 

割れ目にはもうラブジュースが垂れていて、お尻の穴の方まで流れるほど濡れていた。

 

アナルまで垂れたラブジュースをズズッとすすりながら、クンニしていると…

 

僕はソッと口を付けて、優しくリズミカルにクリトリスを愛撫していく。

 

姉「あっ!あんっ…」

 

と必死に声を抑えるも、気持ちよさそうに鳴く姉。

 

お尻の穴の方まで流れた淫汁をズズッと吸い上げ、膣に舌を入れながら、親指でクリトリスを刺激。

 

姉は快感に耐えているようで、徐々に全身に力が入っていく。

 

僕は指を唾液で濡らし、姉の膣口に挿入して膣壁を指の腹で軽くたたきながら、口でクリを優しく舐める。

 

姉「うぅ・・・それ、超気持ちいいぃ。もっとやってぇ」

 

姉は「イキそう!イグぅー!」と叫んで絶頂した

 

そのまま愛撫を続けていると、姉が「あっ・・・だめっ、イキそう!イグぅー!」と叫び、腰を上げて絶頂を迎えた。

 

僕「姉ちゃん気持ちよかった?」

 

姉「うん。イッたのなんて何年ぶりかな。」

 

僕「旦那とのセックスはイケなかったの?」

 

姉「全然…。舐めてもくれなかったし。」

 

僕「美味しかったよ。姉ちゃんの。」

 

姉「ホント?うれしいっ。じゃああたしが今度は気持ちよくしてあげるね。」

 

と言って姉は、僕のズボンとパンツをズリ下ろした。

 

姉「うわぁ。デカッ。これめっちゃ気持ちいいヤツだ」

 

と言って姉は亀頭にチュッとキスをしてから、舐め始めた。

 

姉の絶品フェラテクを堪能した後、遂に挿入の瞬間がやってきた…

 

鈴口に舌を入れて尿道責めされたり、裏筋に舌を這わせ、玉袋を全部口に含んだり、姉のフェラテクには恐れ入った。

 

しかも四つん這いにされて、アナル舐めしながらシゴかれたときは、最高の気持ちよさだった。

 

姉「ねぇ、そろそろ・・・」

 

というので、僕は「おれ、ゴム持ってないよ。」と言った。

 

僕が「ゴムないよ」というと「このままでしよっ」というので、騎乗位で生挿入することに…

 

姉「じゃあ、このままでしよっ。」

 

姉は僕を仰向けにして、上に跨った。

 

ゆっくり腰を下ろすと、みるみるチンコが姉の膣内に飲み込まれていく。この光景がめちゃくちゃエロい。

 

子供二人産んでるとは思えないくらいの締まりの良さに、すでに暴発寸前に追い込まれた。

 

僕「姉ちゃん、やばい・・・それ以上動かしたら出ちゃうよ。」

 

姉「えっ?もう出ちゃうの?もうちょっと我慢して。」

 

と言って姉は、騎乗位で腰を振りまくる。

 

姉の愛液の分泌量が半端ないため、グチュックチャッという卑猥な音がピストンするたびに漏れる。

 

姉のグチョヌルマンコに耐えられず、膣内に射精。姉は騎乗位で2回目の絶頂を迎えた

 

僕「あぁ・・・姉ちゃん、だめっ。イキそうだよ。」

 

姉「いいよ。あたしもイキそう!このまま中にぃ…」

 

僕は姉とほぼ同時に絶頂した。

 

姉は身体をけいれんさせた後、僕に倒れ込み舌を絡めてきた。

 

姉がチンコを膣から抜くと、ドロドロと白濁液があふれ出てきた。

 

姉「うわぁー。こんなに出たの?あたし妊娠しちゃうな―。」

 

と僕を脅すようなことを言ってきた。

 

僕「妊娠しちゃったらやばいじゃん。どうしよ。」

 

姉「大丈夫大丈夫。この年になるとそんな簡単に妊娠しないから。」

 

そんな会話をしながらも、まだおさまらないお互いの性欲を放出するため、その夜は何度も求め合った。

 

翌日、娘二人が起きてきて、いつもどおり遊んであげた。

 

やっぱりかわいい。

 

この日以来、トイレやみんなが寝たときを狙って姉とセックスるようになった…

 

その日以来、母の目を盗んで、トイレでしたり、みんなが寝た後に姉が僕の部屋に来てセックスを楽しむようになった。

 

姉とこういう関係が続くなら、僕は結婚せずに姉とずっと同居してもいいと思った。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ