【パラダイス】手に入れた媚薬を姉のジンジャエールにこっそり入れた結果…

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

【体験談】3つ上の姉に女がエッチになる薬を試した⇒淫汁垂れ流してオナニーする姿を目撃できた!その後はムフフなことに発展…

 

僕には3つ上の姉(大学3年)がいるんだけど、顔立ちは美人で、色っぽく、「一生に一度でいいからヤッてみたい女のひとり」だった。

 

大学から帰ってくれば、すぐにパンイチになるし、風呂上りには、バスタオル1枚で部屋をウロウロ。

 

父がいない日なんて、そのまま夕飯を食べるなんてこともザラな姉だ。

 

3つ上の姉はムッチリ体型でやたらエロく、媚薬でエッチしようと企んだ

 

そんな姉は痩せ型と言うよりもムッチリ体型で、体中からエロいオーラが放っているから、いつも興味ないフリして姉のお尻や胸を見ては、部屋に行ってそれをオカズによく抜いていた。

 

あるとき、ネットサーフィンしてたら、女がエロに豹変する魔法の薬とかいう広告が出てきた。

 

「これ姉ちゃんに飲ませてたら、ワンチャンあるかも・・・」なんて思いながらポチッてみた。

 

商品が到着すると、注意書きに、「入れすぎると、ヤバいくらい豹変しますのでご注意ください」と書かれていたんだけど、全部入れてみることにした。

 

姉はいつも大学から帰った後、ジンジャエールを必ず1本飲み干す日課がある。

 

姉が飲むジンジャエールに媚薬を全量入れてみた結果…

 

夜中にキッチンに行って、姉のジンジャエールに全量入れてみた。

 

その夜は姉との妄想が広がって、なかなか寝付けず、寝たのは朝の5時過ぎだった。

 

僕は学校の授業中に睡眠を十分にとって、学校が終わると急いで家に帰った。

 

30分くらいすると、いつものように姉が「ただいまー!」と帰宅。

 

ラッキーなことに父は出張中で帰宅するのは明日。母も仕事で夜遅くなると言っていた。

 

姉はいつものように、冷蔵庫を開け、ジンジャエールを開けてグビグビ飲んでいく。

 

姉「ん?なんか変な味…」

 

とボソッと言ったときにはマジで焦った。

 

その後、リビングでテレビを見ながらお菓子を食べ、遂にジンジャエールを飲み干した。

 

僕は姉の後ろでスマホゲームをするふりをして、姉を観察し続けた。

 

媚薬入りジンジャエールを飲み干すと、姉の様子が徐々に落ち着かなくなっていき、自分の部屋に行ってしまった…

 

すると、なぜか姉が体を左右に揺らし始め、落ち着かない様子。

 

たまに股間に手を当てるような仕草をして、モゾモゾしだした。

 

「媚薬が効いてきた瞬間だ…」と内心ガッツポーズした。

 

しばらくすると、いつもなら最後まで見るお笑い番組を途中で止めて、姉は部屋にスーッと行ってしまった。

 

「これは絶対オナニーするはずだ!」と考えた僕は、10分くらいしてから姉の部屋に突入することにした。

 

部屋に入る前に、ドアに耳を当てると、「ウィィーン、ウィィン」という機械音がした。

 

姉の部屋にノックもせずに突入すると、姉がアソコにバイブを突っ込んでオナニーの真っ最中だった

 

「間違いないっ。バイブでオナってる!」と思って、ノックもせずに、部屋のドアを開けた。

 

姉は真っ裸で、僕の方に大股を広げて、アソコにはバイブが突っ込んであって、イヤらしく回転していた…。

 

姉のアソコは淫汁が垂れていてキラキラ光っている。

 

姉「えっ・・・?モトヤ(僕)、いきなり・・・どうしたの?」

 

姉は媚薬が効いているせいか、オナニー中を見られても、怒るそぶりはない。

 

でもさすがに恥ずかしさはあるようで、さっきまで開いていた股は閉じた。

 

僕「へぇ。姉ちゃんでもオナニーするんだね。」

 

姉「なんか、今までに感じたことないくらい、エッチな気分になっちゃって…」

 

僕は「(そりゃそうだろ。媚薬を全部入れたんだから…)」と思いながら、エロ薬の効果ってスゲーって感じた。

 

「おれで良ければ最後まで見てあげるよ?」と言ってみると…姉がオナニーを再開した

 

僕「おれで良ければ、最後まで見ててあげるけど?」

 

姉「うっ・・・弟の前でこんなことしたくないけど、体が言うことを聞かないの…」

 

姉はそう言って、閉じていた股を開き、バイブを出し入れし始めた。

 

姉「あんっ、いつもよりすっごく気持ちいいよぉ!」

 

初めて見る姉の初オナニー姿に僕のチンポはギンギンになっていた。

 

僕「姉ちゃん、おれもオナニーしたいんだけど…。」

 

と言って、チンコを繰り出して見せた。

 

姉「モトヤのおチンチン、すっごく大きくなってる…あたしのエッチな姿見て興奮しちゃったの?」

 

これはヤレる!と思って、「前から姉ちゃんとヤリたいと思ってた」とカミングアウトすると…

 

僕「うん、おれ前から姉ちゃんとヤリたいって思ってたんだよね。」

 

姉「そ・・・そうなの?でもどうしよ・・・あたしたち姉弟だし…こんなことしたらダメだよね。」

 

僕「ふたりだけの秘密にしておけば大丈夫だよ。今日は母さんも夜遅いみたいだし。」

 

姉にソッと近づいてバイブを抜き取り、手マンをしてあげると…媚薬の効果もあって姉が激しく乱れ始めた

 

そう言って、僕は姉に近づいてバイブを抜き取り、手のひら全体でアソコを愛撫した。

 

姉「あぁんっいいっ、すっごく気持ちいい。やっぱり人の手の方が気持ちいいよぉ。モトヤ!もっと激しくしてぇ!!」

 

2本の指を膣口に出し入れしていると、「イギそうっ!!」と絶頂を迎えた

 

僕は姉の膣口に指を2本入れ、激しくピストンした。

 

媚薬で敏感になってるためか、姉はすぐに「いいぃっ!きもちいぃ!イギそうっ!!」とシーツをガッチリ掴んで、絶頂を迎えた。

 

姉は一息つくこともせず、僕を押し倒し、濃厚なキスを交わしてきた。

 

姉の唇はぷっくりと肉厚で、キスするのがとっても気持ちいい。

 

姉は僕に全身リップを浴びせてくる…まさに獣状態

 

10分くらいお互いの舌を絡め合い、吸いあった後、姉は獣のように僕の体を舐めまわしてきた。

 

首、乳首、脇、太もも、足指まで風俗顔負けの全身リップを受けて、もう死んでもいいってくらい最高の気分だった。

 

そしてついに、姉が僕のチンポを握ると…。

 

姉「モトヤのおチンチンからすっごくイヤラシイお汁が出てるよ。舐めてほしい?」

 

エロい・・・エロ過ぎる。姉の目が完全にメスになっていた。

 

姉の強烈なフェラを受けていると、「あたしのもいっぱい舐めて」と言うので、69の体勢になってマンコを舐め続けた

 

僕「うん。姉ちゃんにフェラしてもらいたい」

 

と言うと、姉はジュルッと我慢汁を吸い取って、裏筋に舌を這わせ、玉袋を口に含んで転がし、鈴口に舌を突っ込んで尿道を刺激。その後、ジュポッと奥までチンポを咥えた。

 

媚薬でエロくなった姉のフェラは超激しい。まあ普通状態の姉のフェラを受けたことはないけど、多分数十倍は激しいと直感でわかった。

 

姉は僕の方にお尻を持ってきて、「あたしのもいっぱい舐めて…」と言うので、69の体勢になりながら、姉のクリトリス・膣穴を舐め続けた。

 

マンコだけじゃ物足りなくなった姉は「お尻の穴も舐めて!もっと舌入れて!」と言うので…

 

姉「モトヤ、お願いっ、あたしのお尻の穴も舐めて!」

 

まさかの姉のアナル舐め要求。媚薬の効果は半端なかった。

 

僕はお尻の穴に舌を這わせ、ペロペロしていると、「もっとぉ。舌をお尻の穴に突っ込んでよぉ」と甘えた声でお願いしてくる。

 

舌を固くして、アナルの中に突っ込んで腸壁を舐め上げてみた。

 

姉「あぁん、それそれぇ。すっごく気持ちいい。」

 

姉は元々アナルも感じる女だったのか、あるいは媚薬で感じるようになったのかはわからないけど、ド変態な姉で良かったと心底思った瞬間だった。

 

アナルに舌を入れて舐めていると、姉は我慢できなくなって僕を仰向けにして跨ってきた…ゴムなしの生挿入だ

 

姉「もう我慢できないっ!モトヤのおチンチン入れていい?」

 

と言うと、姉は僕を仰向けにして、腰に跨ってきた。

 

僕「姉ちゃん、ゴムは?」

 

姉「ゴムしたら気持ちよさが半減しちゃうでしょ~。外に出せば大丈夫だから。」

 

と姉は腰を下ろして、僕のチンコを飲み込んでしまった。

 

き・・・気持ちいい。ヌレヌレのマンコにチンコをぶっ刺す感触…。膣肉がチンコ全体を締め付けるのがたまらなく気持ちよかった。

 

姉がゆっくりと腰を動かし始めると、すぐにイキそうになってしまった。

 

「姉ちゃん、出ちゃいそう…」と言うと、「あたしの子宮にかけて…」というので、子宮に精液を浴びせた

 

僕「姉ちゃん、動かしたら出ちゃいそう…」

 

姉「もう出ちゃうの?じゃあ1回出してもいいよ。」

 

そう言うと、姉はピストンを激しくして、僕をイカせようとしてきた。

 

僕「姉ちゃん!もうイクよ!」

 

と言ったのに姉は、チンコを抜かない。

 

姉「モトヤの精子が欲しくなっちゃった。あたしの子宮にいっぱいかけていいよ。」

 

僕「もうだめっ、イクっ!」

 

と声を上げると、姉は腰を深く落として、前後にグリグリ。まるで子宮によくかかるようにしてるようだった。

 

姉「どう気持ちよかった?」

 

僕「うん。姉ちゃんとエッチできてよかった。」

 

僕がイッても「若いんだからまだできるでしょ?」と言われ、チンポを抜かずに第2回戦開始!

 

姉「えっ、まだこれからだよ?若いんだからまだできるでしょ?」

 

姉はチンコを抜かずに、再度腰を振り始めた。

 

僕は最初こそ、イッたあとでくすぐったかったけど、すぐに気持ちよさに変わっていった。

 

すると姉は、くるっと後ろを向いて、背面騎乗位で腰を振った。

 

背面騎乗位になった姉。「お尻の穴を指で触って…」と言うので…

 

姉「ねぇ、あたしのお尻の穴丸見えでしょ?指で触って…」

 

デカ尻に、アナルがヒクヒクしてめちゃくちゃエロい光景。

 

姉のお尻の穴を触ってやると、「ん~っ。お尻気持ちいい…」と喘ぐ。

 

姉「ねえ、このままバックで突いてみて。」

 

そのままバックの体勢になり、姉のお尻を両手でつかみながら腰を思いっきり振った。

 

姉「あんっ、あんっ!バック気持ちいい!」

 

バックの体勢になり、お尻の穴を親指でグリグリしていると、姉はマンコとアナルで絶頂を迎えた

 

下を向くと姉のアナルが触ってほしそうにしていたので、唾液を親指に付けてグリグリと触ってみた。

 

すると姉が、

 

姉「やばいっ、お尻とマンコでイキそう・・・。モトヤ、あたしがイクとこ見ててぇ!」

 

さらに激しく腰を振り、親指がアナルに入った瞬間、姉はビクンビクンさせて、前につんのめった。

 

僕は寝バックの体勢で、さらに姉を突き続ける…。

 

徐々に僕も第2波がやってきて、

 

2発目は寝バックで膣内射精。チンポを抜くと大量の精液が流れ出す…

 

僕「姉ちゃん、またイキそう!このまま出すよ!」

 

姉「きてっ!いっぱいおマンコに出してぇ!!」

 

2発目の精液を姉の膣内に注いだ。

 

チンポを初めてチンポを抜くと、膣からは大量の精液がドロドロと流れ出てきた。

 

姉はさすがに疲れたらしく、ベッドに仰向けになってぐったりした様子だった。

 

そっと姉に近づいて、唇にキス。

 

僕「姉ちゃん、満足できた?」

 

「今度はお尻でエッチしよ。」と言ってきた姉。この日以来、僕たちは媚薬なしでエッチができる関係になった

 

姉「うん。もう最高…今度はお尻でエッチしよ。」

 

この日以来、僕は媚薬を使わずに姉とエッチができるようになった。

 

後で聞いた話だけど、姉は元からお尻が感じる体質だったようで、媚薬のせいではなかったようだ。

 

でも大好きな姉とセックスできるようになれたんだから、安いものだ。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ