【仕返し】姉にオナニーを目撃され茶化されたので…姉が自慰する瞬間を何日も待った結果…

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

【体験談】遂に姉が声を潜めてオナニーしていることに気づいた僕は、ベランダに行って窓をバンバン叩いてやった…

 

僕が初オナニーを覚えたのは、中学2年生の時。

 

友達からもらったAVで毎日オナニーするのが最高の楽しみだった。

 

僕には2つ上の姉がいるんだけど、姉の部屋は僕の部屋のすぐ隣にある。

 

だから、姉がまだ学校から帰っていない時間とか、真夜中にオナニーをしていた。

 

姉にオナニー姿を見られ、茶化された僕…

 

でもあるとき、見つかってしまったんだ。ベッドに座りながら、AVを見てチンコをシゴいている決定的瞬間を…。

 

姉は、いつも部活だから帰りは6時過ぎ。僕が帰宅したのは4時半くらいだったから、「姉ちゃんが帰ってくる前に一発できるな」と思って、イヤホン付けてオナニーしだしのが運の尽き。

 

姉はその日、部活がなかったらしく、僕が帰宅した30分後くらいに帰ってきたんだ。

 

もちろんイヤホンしてるから、姉が帰ってくる音も聞こえなかった。

 

いきなり僕の部屋のドアが開いて、フル勃起してるチンコをシコシコしてるところを見られた。

 

姉「あっ・・・ごめん。」

 

と言って、姉はすぐにドアを閉めた。

 

その後、またカチャッとドアが開いて、「トウヤ(僕)も大人になったね~」とニヤニヤ笑いながら言って、またドアを閉めた。

 

僕は姉にオナニーを見られたことが恥ずかしくて、1週間くらいは姉とまともに口をきけなかった。

 

姉のオナニーを目撃して、仕返ししてやると意気込んだ

 

僕は「ノックもせずいきなりドアを開けるなんて非常識だ!」とだんだん悔しくなってきたので、姉のオナニーを覗いてやることにした。

 

それから、姉がオナニーしだす瞬間を何日も待ち続けた。ベッドに横になり、勉強もせず、オナニーもせず、テレビもつけず、姉の部屋の音に全集中した。

 

ところが、何日待っても、全然オナニーする気配がまったくない。

 

もしかして、女の子ってオナニーしないのか…と思って、若干あきらめ気味だった。

 

ここで、僕はある仮説にたどり着いた。

 

両親がいない日、僕も出かけて、姉を家にひとりにすればオナニーをし始めるんじゃないかということ。

 

もしこれでだめだったら諦めようと思った。

 

両親たちが親戚の集まりで家に居ないとき、僕も友達と出かけてくる!と姉に伝えて家を出た。

 

10分後くらいに、ベランダから僕の部屋に侵入。そしてベッドに横たわって、姉の部屋に意識を集中した。

 

遂に姉がオナニーし始めたのを察知して、ベランダから覗いてみると…

 

もう2時間くらいは待っただろうか、姉の部屋からはオナニーする気配がまったくない…。

 

すると…かすかに姉の部屋から「あんっ」という声が聞こえた。

 

僕はそっと壁に耳を当てると、「んっ・・・あぁ、いい・・・」という声が確かに聞こえる。

 

ついに来た!と思って、物音を立てないように、ベランダから姉の部屋を覗いてみた。

 

姉はベッドに寝ながら、スマホ片手に、股間に手を入れて、腰をクネクネさせている。

 

僕は窓ガラスをコンコンと叩いてみた。

 

姉はびっくりした様子でベッドから飛び起きて、窓を開けた。

 

仕返し大成功!姉のオナニー姿を目撃して思いっきり茶化してみると…

 

僕「遂にやりましたー!姉ちゃんのオナニーいただき!姉ちゃんもやっぱりオナニーするんだね~!」

 

姉は顔を真っ赤にして、

 

姉「ちょっと勝手に覗くなんてサイテー!」

 

と言ってきたが、

 

僕は構わず、リポーター気取りで、

 

僕「はい、今姉のオナニー中の部屋に突撃しました。顔を真っ赤にして私に文句を言っております。」

 

とふざけまくった。

 

僕「現場からは以上でーす。スタジオにお返ししまーす。」

 

と満足げに言って、自分の部屋に戻った。

 

「あぁ!スッキリ!作戦大成功。姉ちゃんめっちゃ焦ってたなー」と思いながら、ベッドに横たわっていると、いきなり姉が部屋に入ってきて、頭を小突かれた。

 

僕「いってぇな!いきなり何すんだよ?」

 

「さっきのことは誰にも言っちゃダメ」というので、冗談で「バター犬になってやろうか?」と言ってみると、意外な答えが…

 

姉「ちょっとトウヤ!さっきのことバラしたらダメだからね!」

 

僕はニヤりと口角を上げて、

 

僕「それよりさ、オナニーの途中だったんでしょ?おれで良ければバター犬になってやってもいいよ。」

 

と余裕しゃくしゃくで言ってみた。

 

すると、姉は意外な答えを口にする。

 

姉「そうね。あんたが邪魔したんだから、責任取りなさいよ。」

 

と言うので、

 

僕「じゃあ、ベッドに寝てよ。」

 

とベッドを指さすと姉は、素直にベッドに横になって、おもむろにスカートとパンツを脱ぎ始めた。

 

久しぶりに見る姉のアソコは、毛が生い茂っていて、いかにも女って感じになっていた。

 

姉をベッドに横にして、アソコを舐めまくる…

 

僕は姉の股間に顔をうずめて、姉のマンコを舐めまくった。

 

さっきまでオナニーしていたからなのか、マンコは少し濡れていて、ちょっとしょっぱい。

 

それにおしっこの匂いも若干混じっている。でも不思議とその匂いに興奮してしまい、必死に舐めた。

 

姉「もっと、上のコリコリしてるところ吸って」

 

と言うので、姉の言う通りに吸ったり舐めたりしていると…

 

太ももをプルプルさせて、「イキそう!」と絶叫する姉

 

姉は腰を上げ始めて、「ううぅっ、い・・イキそう!」と絶叫し、全身を痙攣させた。

 

姉の太ももはプルプルと震えていて、イクと足がプルプルになるんだなって勉強した。

 

姉「はぁはぁ・・・き、きもちよかったぁ」

 

と言うと、ベッドから起き上がった。

 

姉「次は、トウヤの番ね」

 

絶頂した姉は、僕のズボンとパンツを下ろし、チンコを咥え始めた

 

姉は僕のズボンとパンツを引きずり下ろし、姉のクンニ中に勃起したチンコをパクッと咥えてきた。

 

尿道をチロチロしたり、たまに奥までズォッと咥えこんだり、手を添えて、シゴきながら舐めてくれた。

 

姉のフェラ攻撃を受けているうちに、射精感がこみあげてきて、姉の口内に射精してしまった。

 

姉「んーっ!・・・・ゴクッ」

 

と喉を鳴らして、精液を飲み込んだ後、

 

姉「ちょっとー!いきなり出さないでよ!こっちだって準備があるんだから」

 

僕「ごめん、ごめん。姉ちゃんのが気持ちよすぎちゃって…」

 

これが姉とのエッチな初体験。

 

まさか、オナニーを見られてその仕返しをした結果、お互いの性器を舐めあうまでになるなんて、想像もしなかった…。

 

5年くらい、お互いの性器を舐めあって絶頂する関係が続いた後、遂に近親相姦の関係になった。お互い恋人がいても週2回くらいのペースでしている

 

でも、挿入まではしなかった。お互い、イクことが出来ていたからだと思う。こんな関係が約5年くらい続いたあと、ついに姉と近親相姦の関係になった。

 

姉と僕は今でも実家暮らしで、お互いに彼氏・彼女がいるけど、週2回くらいのペースでセックスしている。

 

親にバレたから一巻の終わりだけど、このスリルがやめられない…。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ