姉の下着でオナニーしていたら、姉ちゃんが部屋に入ってきて、そのまま近親相姦しちゃった話

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

僕は大学4年生で、姉は23歳。姉は頭がよく、性格も優しいし、顔もカワイイ。弟の僕が言うのもなんだけど、姉のスペックは結構高いと思う。

 

あってはならない感情なんだと思うけど、僕は優しくて可愛らしい姉が大好きだった。

 

姉に彼氏ができる度に、心がギュッと締め付けられる思いをした。

 

姉は今家の近くの百貨店に勤めている。

 

社会人になってから1年目くらいしたときに、新しい彼氏ができたみたいで、毎週のように彼氏の家に泊まりに行く。

 

姉への思いが強くなり、姉の留守中に下着でオナニーをする弟

 

僕は、大好きな姉を取られた喪失感から、姉が止まりに行っている日は、部屋に忍び込んで、姉の下着を拝借して、オナニーをするようになった。

 

姉のアソコを想像しながら、クンクン匂いを嗅いだり、パンツでチンコをシゴいていた。

 

その日も姉はいつものように彼氏の家に泊まりに行ってるから、10時ごろに姉の部屋から下着を拝借して、自分の部屋でオナニーしていると、ドアがいきなり空いて姉が入ってきた。

 

オナニー中、出かけているであろう姉が入ってきて、勃起したチンコを見られてしまった弟…

 

僕はすぐに下着を隠したから、おそらく姉をオカズにしているとはバレてないはず。

 

でも僕のチンコは剥き出しで、フル勃起しているところを姉に見られてしまった…。

 

大好きな彼女に自分のチンコを見られるくらい恥ずかしかった。

 

僕は急いでズボンを穿いた。

 

姉は意地悪そうに「なにしてたの?」と聞いてくる

 

その姿を見て、姉は意地悪そうに、「ねぇ、サクト?今何してたの?」と聞いてきた。

 

僕「もう!姉ちゃん、わかってるくせにそんなこと聞くなよっ」

 

姉「あー照れてるぅ!やっぱりお姉ちゃんに見られて恥ずかしかった?」

 

僕「そりゃそうだよ。いつもなら姉ちゃんこんな時間に帰ってこないからさ…」

 

姉「今日はさ、彼氏が競馬に行っちゃったから、もう帰ってきたんだよね。」

 

僕「まじか…しくったな~」

 

姉が「このおチンチンどうするの?」と聞いてきたので、「抜いて」とお願いしてみると…

 

姉「で、サクト。そのおっきくなったおチンチンどうするわけ?」

 

僕「…姉ちゃん、抜いてくれない?」

 

僕は大好きな姉に言ってはいけないことを口走ってしまった…。そんなこと言ったら姉弟の仲が悪くなるに決まってるのに。

 

すると姉は、ちょっと考えるそぶりを見せた。

 

姉「ん~。どうしよっかな~。お姉ちゃんにシテほしいの?」

 

僕「うん、できれば。」

 

姉「しょーがないなー。今日だけだよ。」

 

と言って、僕のチンコを掴んで、シゴきだした。

 

大好きな姉からの手コキ…唾液を垂らし、シゴかれると、チンポ汁がダラダラ垂れてきた…

 

今まで彼女は何人かいたことがあるけど、姉が手コキをしてくれる光景に異様な興奮を覚えた。

 

しかも手慣れているようで、手コキがめちゃくちゃ上手い。ヨダレを垂らして、カリの部分をグリグリするから、最高に気持ちいい。すぐに先っぽからは透明な汁がダラダラ出始めた。

 

姉は「ねぇ?おチンチンから汁が出てるよ?」と言って、ペロッと舐めてくれた。

 

全身に稲妻が走るほどの快感…。

 

そのあと、姉はチンポを咥えてくれて、奥まで出し入れしたり、裏筋に舌を這わせチロチロ舐めてくれたり、手コキしながらタマ舐めしてくれたり、姉のフェラ技を存分に味わった。

 

僕の我慢はもう限界…。それを察したのか、姉のフェラが速くなってきて、一気に射精感が襲ってきた。

 

姉のフェラを受け、思いっきり口内に射精した弟。姉は濃くて大量の精液を飲み込んだ

 

僕「姉ちゃん…。それ以上したら…出ちゃうよ!」

 

姉「いいよ。お姉ちゃんの口の中にいっぱい出してごらん。」

 

僕は姉の口の中に精液を撒き散らした。

 

姉は「んっ、んっ」と言いながら、残った精子を搾り取るように吸って、それをゴクリと飲み込んでしまった。

 

姉「プハァ・・・めっちゃ出たんだけどぉ。しかも超濃いし!飲むの大変だった」

 

と笑いながら言った。

 

姉のフェラチオを受けられたことに興奮していたのか、一向におさまる気配がない僕のチンコ…。

 

姉はそれを見て、「まだこんなにおっきい!ねぇ?内緒だけど、最後までシテみる?」と言ってきたので、僕は「うん!」と答えた。

 

姉は「最後までシテみる?」と言って、弟にキスしてきた。お互い舌を絡め合う姉弟

すると姉は、僕の唇にソッとキスをしてきた。

 

大好きな姉とのキス。それだけで死んでもいいって思えるくらい幸せな瞬間だった。

 

姉の唇を味わっていると、姉の方が舌を絡ませてきた。あったかくて柔らかい舌の感触がたまらなくて、僕も舌を絡ませて、10分以上も舐めあった。

 

姉は唇を離すと、

 

姉「チュパッ・・・もうだめ・・・」

 

と言って、うっとりした目で僕を見つめた。

 

僕は姉の洋服の中に手を入れて、ブラを外し、乳首を触ってみた。

 

みるみる勃起していく姉の乳首…。姉の口からは「はんっ、そこ弱いからだめぇ…」と甘い声が漏れる。

 

しばらく、摘まんだり、唾液を付けて指でコリコリしていると、姉が「ねぇ、舐めて」と言ってきた。

 

僕は姉を脱がし、プルンとDカップはある乳首にむしゃぶりついた。

 

姉「あんっ、気持ちいい・・・手よりも気持ちいいぃ」

 

姉は僕の手をとり、スカートの中に手を入れた。

 

姉のアソコを触ると、パンツの上からわかるくらい、ヌルヌルに濡れていた…

 

僕はパンツの上から、アソコを指で撫でてみると、膣口のあたりはものすごく濡れていて、ヌルヌル状態だった。

 

姉「あたしのおマンコ濡れてるでしょ?」

 

僕「うん、パンツの上からでもわかるくらい、ビッショリだよ。姉ちゃんって感じやすいんだね。」

 

姉「サクトが上手だからだよ。すっごく気持ちいいし。彼氏とは比べ物にならないくらい」

 

その言葉がすごく嬉しくて、姉をもっと気持ちよくさせてあげようと思った。

 

僕は姉のパンツを脱がし、両足を広げてみた。

 

大好きな姉のアソコが今、目の前にある…。もう僕のチンコは痛いくらいに勃起していた。

 

姉はかなりの剛毛…アソコをかき分けると、愛液が滴り、黒光りしていた…

 

姉のアソコは、かなりの剛毛で、かき分けないと具がわからないくらい、密林状態…。

 

僕がじっくり見るもんだから、姉が「そんなにじっくり見ないで・・・あたし毛深いから恥ずかしい・・。」と言って、手でアソコを隠した。

 

僕「姉ちゃんのアソコ、すごくイヤらしくて好きだよ。もっとよく見せて。」

 

姉「ん~。そうなの・・・?」

 

と言って、抵抗が弱くなったので、手をどけて、じっくりと観察した。

 

陰毛をかき分けると、姉のクリトリスがあって、尿道、その下に膣口があった。

 

アソコをクパァしてみると、愛液で濡れて黒光りしていた。

 

姉のアソコを愛液ごと舐め上げると、クンニ初体験の姉は喜び…

 

あまりにも美味しそうだったので、僕は口を付けて、愛液ごと舐め上げる。

 

姉「アンッ!そんなところ舐めちゃダメだよ…」

 

僕「いつも彼氏にしてもらってるんでしょ?」

 

姉「ううん。彼氏は舐めてくれないよ」

 

僕「こんなに美味しいのに?もったいないな」

 

姉「そんなこと言われた初めて…サクト、すっごく気持ちいから、そのまま舐めて…」

 

僕は姉の甘えた声が可愛くて、一生懸命舐めた。

 

クリを口に含んで、舌で転がしてみたり、膣口に下を入れて出し入れしたり、お尻の穴まで舐めてあげた。

 

姉「あぁ、いやだ・・・そんなとこ舐めたら汚いよ・・・」

 

お尻の穴も舐めてあげると、気持ちいいと言い、アナルまで感じるエッチな姉

 

僕「姉ちゃんのお尻の穴もすっごく美味しいよ。気持ちいい?」

 

姉「うん、ちょっと気持ちいいかも。」

 

アナルまで感じる変態な姉。清楚な女ほどスケベだというのはこのことか!って思った。

 

クンニを続けると、姉は体をエビ反らせて、「あたしがイクところ見ててぇ!」と絶叫した

 

僕は指を膣口に入れて、お尻の穴も触りながら、クリトリスを舐めていると、姉が急に「あっ!!サクト、お姉ちゃんイキそう!ねぇ、あたしがイクところ見ててぇ!」と言い、体をエビ反らせて、絶叫した。

 

姉の絶頂の瞬間を見た僕は興奮が止まらなかった。

 

普段は真面目な姉がこんなに淫らな声を上げてるなんて…。

 

姉「はぁ・・・さっきの見た?お姉ちゃんイッちゃったよ。久しぶりだったから超気持ちよかった」

 

僕「彼氏とするときは、イカないの?」

 

姉「あの人は自分がイケば満足しちゃうタイプだから」

 

僕「そうなんだ。こんなに淫乱な姉ちゃん見たら、もっとイカせてあげたくなっちゃうけどなあ」

 

姉「ホント、サクト?ウソでもうれしい!」

 

姉はめっちゃ笑顔で僕に言った。

 

イッた姉が「もっと舐めてほしい」というので、もう1度クンニとアナル舐めをしてあげると…

 

僕「久しぶりなら、もっと舐めてあげようか?」

 

姉「いいの?サクトの舐め方って超うまいから、もっとしてほしい…」

 

僕はまた姉のアソコに口を付けて、大量に溢れ出てきてる愛液をズズッと吸って飲み込んで、またクリと膣口、そしてアナルを舐め続けた。

 

今度はアナルにも舌を入れてみると、姉は「あっ、なんかそこ、気持ちいかも…」といい声で喘ぐ。

 

ちょっと苦いような感じもしたけど、姉のものなら汚くはない。そのあとは、指を膣口に挿入して、指を曲げて、Gスポットを責めた。

 

すると、すぐに・・・

 

姉「あぁ~~~!だめっ、またイッ・・・イクゥ・・・!」

 

と叫んだ瞬間、アソコからピューッとおしっこが飛び出た。

 

姉は潮を吹いて、二度目の絶頂を迎えた。弟は潮を直飲して全部飲み干した

 

僕は慌てて姉のアソコに口を付けて、おしっこを直でゴクゴク飲んだ。

 

おしっこよりもアンモニア臭がなくて、意外と飲めた。

 

姉「エッ?カイト?あたしのおしっこ飲んでくれたの?」

 

僕「うん、全部飲んだよ。」

 

姉「なんか、うれしいいかも…」

 

姉は顔を赤らめて、恥ずかしそうに言った。

 

気持ちよくなった姉は、「エッチしよ」と言ってきた。遂に姉弟の相姦のときが…

 

姉「ねえ、じゃあそろそろエッチしよ」

 

僕「うん、じゃあゴム付けるね。」

 

姉が「今日は安全日だからナマでしよ」っと言ってきたので、バックから生挿入してみた

 

姉「今日は安全日だから大丈夫だよ。ナマでしよっ?」

 

そう言って、四つん這い状態になった。

 

姉「あたしバックが好きなんだぁ。サクトのおチンチン、ここに突っ込んで!」

 

僕は、ギンギンになったチンコを姉のアソコに生挿入してみた。

 

姉との初相姦の瞬間だ…。

 

この日をどれだけ待ち望んだことか…。叶わないと思ってた願いが叶った瞬間で、僕は心の中で雄たけびを上げた。

 

姉の膣内は、ものすごく温かくて、僕のチンコを絶妙に締め付けてくれる、この圧迫感。

 

ズブズブとゆっくり奥まで挿入していくと、子宮がコリコリあたる感触があった。

 

その感触が鈴口を絶妙に刺激してくれるのが気持ちよくて、僕は姉のお尻を持ってグリグリと膣内を掻き回した。

 

姉「あぁっ、すっごく奥まで入ってるぅ…」

 

僕「姉ちゃんの子宮にあたって、めっちゃ気持ちいいよ。」

 

僕は四つん這いになってる姉のエロい姿と膣内の締まりに、耐えきれなくなっていた。

 

弟は「姉ちゃんの子宮にぶっかけていい?」と聞くと、姉は「お姉ちゃんの子宮にかけて…」と答えた

 

僕「姉ちゃん、気持ちよすぎてもうイキそうだよ。このまま姉ちゃんの子宮にぶっかけていい?」

 

姉「いいよっ、お姉ちゃんの子宮にかけてっ」

 

僕はピストンを速め、2発目の精液を姉の子宮にぶっかけた…。

 

子宮にかけたあと、膣口からドロッと精液が流れるところがエロかった…

 

チンコを抜くと、精液が膣奥からドロッと流れ出る瞬間がめっちゃエロかった。

 

姉の元に近寄って、軽くキスをすると、

 

姉「サクト…すっごく気持ちよかった。ありがとう」

 

僕「おれも気持ちよかったよ。大好きな姉ちゃんと繋がれて幸せ。」

 

姉「サクトがお姉ちゃんの弟でよかったぁ」

 

と言って、姉は僕の頭を撫でてくれた。姉の愛情をモロに感じた瞬間だった。

 

それ以来、週に3回、セックスをするようになった

 

姉「ねぇ、サクト。またシテほしくなったら、シテくれる?」

 

僕「いいよ。いつでも気持ちよくしてあげるよ。」

 

この日以来、週3回くらいは姉がクンニをしてもらいに、僕の部屋に来るようになった。

 

そのたびに、僕はご褒美に姉の膣内に入れさせてもらっている。

 

もちろん、安全日以外はゴムを付けてるけど、大好きな姉とセックスできるようになった僕は世界一幸せだ…。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ