姉と初体験を済ませた後、姉がセフレになった姉弟の末路…

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

僕が高校1年生だったとき、部屋でオナニーをしていたら、姉に見つかってしまい、姉に筆下ろしされた。

 

僕の家は狭く、部屋も姉と一緒だった。真ん中にちょっとした仕切りがある程度の部屋だから、プライバシーも何もなかった。

 

オナニーを覚えたての僕は、ある日姉にオナニーしている姿を見られてしまった…

 

当時の高校の友達から、オナニーを教えてもらって、エロ本をもらい、オナニーに明け暮れる毎日。

 

でも部屋は姉と同じだから、姉が留守のときにコッソリとしていた。

 

姉は電車で1時間くらいの製造工場で働いていて、朝は7時ごろに出勤して、夜は21時ごろに帰ってくるパターンだから、その間は安心してオナニーができた。

 

が・・・。問題は姉が休みになる土日。オナニーが日課になっている僕には、この2日間が一番辛い…。

 

始めのうちは、なんとか我慢できたものの、遂に我慢できなくなり、姉が今で昼寝しているときにオナニーをしていたときに事件が起きた。

 

姉はいつも昼ご飯を食べた後、昼寝して、1時間くらい起きない。だから、僕はその隙を狙ってオナニーすることにした。

 

いつものようにエロ本片手に、ベッドに寝そべって、チンコをシコシコしていると、寝ているであろう姉がドアを開けて部屋に入ってきてしまった…。

 

姉が弟のオナニー姿を見てビックリした様子。すると姉はあり得ないことを言い出した…

 

姉は「えっ!?ちょっと何してんの?」とビックリした様子。

 

僕「姉ちゃん、寝てたんじゃないのかよ」

 

一気に萎む僕のチンコ。

 

姉「目が覚めちゃってさ。ところで、カイトもそういうことするんだね~。ねぇ、そんなんより本物見たくなあい?」

 

僕「まあ男だからね。そりゃ見たいけどさ。彼女なんていないし…」

 

僕はエロ本を閉じて、1階に降りようとすると、姉が「あたしの裸だよー」と言って僕を引き留めた。

 

僕「えっ?」

 

姉がスウェットを脱ぎだし、下着姿になった。弟のチンコはもうパンパンに膨れ上がる…

 

姉の方を振り向くと、グレーのスウェットを脱ぎ始めた。

 

ブラとパンツが現れ、下着姿の姉を見た瞬間…オナニーしていた時よりもチンコがパンパンになるのがわかった…。

 

姉「どう?これが本物だよ。もっと見たい?」

 

僕は息をのんで、「うん」と言った。

 

姉はブラとパンツを脱ぎ、現れたのが真っ白な体、それにCカップはあるであろう乳房。そして脚の付け根にはふっさふさの陰毛…。

 

もう僕は、今すぐにでもチンコを繰り出して、オナニーしたいくらいだった。

 

姉は僕に近寄ってきて、「触ってもいいよ?」と言ってきたので、僕は震える手を姉の乳房に当てた。

 

あったかくて、とっても柔らかい感触…ピンク色の乳首を触るとコリコリしていた。

 

姉のおっぱいを触りながら、自分でシコる弟。すぐに射精感がこみあげて、姉の乳房に精液をぶっかけてしまった…

 

僕「姉ちゃん、ごめん。もう我慢できないから、姉ちゃんのおっぱい触りながら、自分でオナニーしていい?」

 

姉「いいよ。カイトがオナニーしてるとこ、あたしも見たい」

 

僕はチンコを出して、姉の乳首を摘まんだり、乳房を揉んだりしながら、オナニーを始めた。

 

姉が時折出す、喘ぎ声が最高のお供になり、僕はあっという間にこみあげてきた。

 

僕「姉ちゃん、もう出そうだよ…。」

 

姉「出るの?いいよ。あたしのおっぱいにいっぱいかけて…」

 

ドピュドピュッと勢いよく精液が噴射し、姉の体をドロドロの精子で汚してしまった。

 

姉「熱い…。カイト、いっぱい出たね。気持ちよかった?」

 

僕「うん、最高だった。ありがとう。」

 

姉「ねえ、シャワー浴びに行こっか」

 

幸いなことに、両親は遊びに行っていて不在だから、シャワーを一緒に浴びることにした。

 

そのままお風呂に行き、再び勃起したチンコを姉がフェラチオしてくれた

 

お風呂に入ると、姉が体を洗い始め、その姿を見ていたら、また勃起してしまった。

 

ビーンと勃つチンコに気づいた姉は、「さっき出したのに、もうおっきくなってる」と言って、手で握り、口に含んで舌で舐めまわしてくれた。

 

姉は「女の人が男の人のオチンチンを舐めたり・咥えたりすることをフェラチオっていうんだよ」と教えてくれた。

 

姉が手と口を上手に使って動かすから、すぐにまた射精感がやってきた。

 

僕「あっ、だめだよ。姉ちゃん、また出ちゃうよ!」

 

姉が口に出していいというので、2発目の精液をドクドク口内射精した弟

 

姉「このままお口にだしていいよ」

 

僕は、申し訳ない気持ちだったけど、姉の口に思いっきり射精させてもらった。

 

さっき部屋で射精した時よりも、ドクドク回数が多くて、超快感。

 

姉は口の中に出された精子をゴクンと飲み干して、「めっちゃ出たねっ。」と微笑んだ。

 

シャワーを終えた後、姉と脱衣所でお互いに体を拭き合っていると、また勃起してきた僕のチンコ…。

 

姉「えぇ!2回も出したのに、もう勃ってるぅ」

 

とうれしそうに言った。

 

姉「ねぇ、部屋行こっ」

 

姉は僕の手を引っ張り、お互い素っ裸で自分たちの部屋に向かった。

 

部屋に連れていかれ、ついに近親相姦が始まった…

 

部屋に入なり、僕を横にしてフェラチオを始める姉。

 

姉は「カイトのオチンチンおいしい!あたしのも舐めて…」と言いって、僕の方にお尻を持ってきた。

 

僕は姉のお尻をつかんで、透明な液体が付いているアソコを舐めてみた。

 

姉「あぁん!気持ちいい!もっとぉ」

 

とイヤらしい声を上げる姉をもっと気持ちよくさせてあげたくて、夢中で舐め続けた。

 

姉「あんっ。カイト、上手・・・お互いに性器を舐めあうのをシックスナインって言うんだよ」

 

と教えてくれた。

 

シックスナインでお互いの性器を舐めあっていると、姉が絶頂を迎えた

 

お互いしばらく舐めあっていると、姉が急に「あっ・・・あぁ!あたしイキそう!イグッ…」と叫び、お尻がガクガクに震えた。

 

僕は何だか分からず、「姉ちゃん?大丈夫?」と聞いた。

 

姉「はぁはぁ・・・見たでしょ?あれが女の子がイッた瞬間だよ。男の子みたいに精子は出ないけど、頭の中が真っ白になってとっても気持ちいいの」

 

僕「そうだったんだ。急に震えだしからびっくりしたよ」

 

姉「カイトが上手だからだよ。彼氏とのシックスナインじゃイケないもん、あたし。」

 

僕は彼氏でもイカせてあげられない、姉を満足させることができて、ちょっとした優越感を味わった。

 

すると姉は、勃起したチンコに跨って、アソコに当てがった。

 

「まだ童貞でしょ?お姉ちゃんで卒業してみる?」と言われたので、お願いしてみた

 

姉「カイト、あなたまだ童貞でしょ?お姉ちゃんで卒業してみる?」

 

今さら断るなんて野暮ったいことなんてできない。

 

僕は「うん。姉ちゃんで卒業させて」と言った。

 

姉に生で初挿入…ぬるぬるとした膣壁がチンコを包み込む…

 

姉はゆっくりと腰を下ろし、膣肉が僕のチンコの優しく包みこむ。

 

姉「どう?気持ちいい?お姉ちゃんのアソコ。」

 

僕「すっげー気持ちいいよ。」

 

姉「フフ。イキそうになった言ってね。」

 

姉はそう言うと、腰を激しく上下に動かしたり、深く挿入して、アソコを前後に擦りつけたりと、いろんなバリエーションで僕のチンコを刺激してくれた。

 

姉も「カイトのオチンチン、おっきくていい・・・」と言いながら、気持ちよさそうだ。

 

僕は姉の喘ぎ声とエロい表情、そしてアソコの快感がヤバすぎて、射精感が襲ってきた。

 

姉「姉ちゃん、そろそろイキそうだよ」

 

と言うと、姉はすぐにチンコ抜き、口にくわえて、高速で手を動かしてくれた。

 

あっという間に口の中に精液を出してしまい、姉はまたゴクンと喉を鳴らして飲んだ。

 

姉「カイト、気持ちよかった?」

 

僕「うん、最高だったよ。」

 

姉「また溜まったらしてあげるね。カイト、上手だからあたしもシテほしくなっちゃうし」

 

と照れくさそうに言った。

 

これ以来、オナニーすることはなくなり、毎日のように姉との近親相姦を楽しむようになった弟

 

この日から、エロ本を卒業し、僕からオナニーという言葉が消えた。

 

「姉ちゃんと同じ部屋でよかった…」と心から思った・・・。

 

生理の日は、フェラチオで口内射精させてくれるし、それ以外の日は、姉が買ってきたコンドームを付けて毎日夜中に一発やるようになった。

 

その後、しばらくして、僕に彼女ができた。

 

彼女ともセックスしているけど、やっぱり姉とのセックスが一番気持ちいいから、彼女と遊び終わったあとも、必ず姉とセックスしている。

 

姉は「今日は彼女とエッチしてきんでしょ?ほかの女の匂いがオチンチンからするよ?」

と言いながら、チンコを咥える。

 

僕は「うん。でも姉ちゃんのセックスのほうが全然気持ちいいよ!」と答えて、姉の機嫌を取る。

 

姉「それなら許す!(笑)ねぇ、早くあたしのおマンコも舐めて」

 

と姉は自分から求めるようになった。

 

特に姉が彼氏と会った日の夜は、めちゃくちゃ求めてくる。そして激しい。

 

話を聞くと、「彼氏は最近全然舐めてくれないし、1回で終わるから欲求になる!」とのことらしい。

 

僕と姉はすっかり、セフレ状態になり、まだまだこの性活は続きそうだ…。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ