姉がくれたエロ本でオナニーしているところを見られた弟。それ以来、姉の射精管理が始まった

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

僕が中学2年生のとき。姉は高校を卒業して、家の近くの工場に就職した。

 

エロいことに興味がなかった弟。姉が「エッチな本とか持ってないの?」と聞いてきた

 

ある日、姉が僕の部屋に入ってきて、「ねぇ、ユウトってさ。エッチな本とかDVDとか持ってないの?」と突然言ってきた。

 

僕「そ・・・そんなのないよ。」

 

姉「ほんとにぃ?もしかして、あんたエッチなことに興味ないの?」

 

僕「うーん、そんなにないような気がするけど。」

 

姉「へぇ、あたしが中学生の時の男子なんて、みんなエロい話ばっかりしてたけどなあ」

 

僕「そぉなの?でも、どうやって手に入れるかわからないし、本屋で買うのも恥ずかしいしさ。」

 

姉「それを乗り越えるのが男だよ!」

 

と言い、姉は部屋を出ていってしまった。

 

【エロに目覚めた瞬間】小遣いがもらえない弟を見かねて、姉がエロ本をプレゼントしてくれた

 

そもそも、小遣いなんて制度もなかった僕は、エロ本を買うお金なんてない。お年玉は親に預けちゃって、勝手に下ろすこともできない。

 

でも、同級生がみんなエロに興味を持ってることを聞いて、僕も少しだけ興味が湧いてきた。

 

1か月くらい経ったとき、姉がまた僕の部屋に入ってきて「ねぇ、エロ本買ってみた?」と聞いてきた。

 

僕「買ってないよ。小遣いもないし、お年玉は貯金しちゃって下ろせないし。買いたくても買えないよ…。」

 

姉「だと思ったー。だからあたしが買ってきてあげたよ!はいっ、コレ。」

 

渡されたのは、姉とセックスするっていう近親相姦モノのエロ本だった…。

 

姉「こういう、現実じゃありえない世界に男は興奮するらしいから、見てみて」

 

僕は、「うん、ありがと!」と言うと、姉はまた部屋から出て行った。

 

その夜、姉からもらったエロ本で初めてのオナニー&射精

 

その夜、僕は初めてエロ本をめくった。

 

女の人の裸…おっぱいとアソコに目が釘づけになり、僕の股間はどんどんパンパンになっていく。

 

オナニーの仕方は知っていたから、エロ本を見ながら、快感に任せてシゴいた。

 

しばらくして、お腹のあたりに何かを感じたあと、ドクドクッと白い精液が飛び散った。

 

これが僕の初射精の瞬間。脈打つたびに精子が尿道を通り、快感が脳天を突き刺すのがたまらなかった。

 

それ以来、姉からもらったエロ本を片手に、毎日狂った猿のようにオナニーしまくった。

 

誰もいないから昼間、オナニーしていると姉に目撃されてしまった弟…

 

あるとき、家には誰もいないと思って、ベッドに座りながらオナニーしていると、姉が部屋に入ってきた。

 

僕「あっ、姉ちゃん…なんでいるの?いないと思ってた…」

 

姉「今日は有休使ったから家にいたんだ。それより、ユウト。あたしが上げたエロ本でヤッてるねー!」

 

僕「いつも夜やってるんだけど、今日は昼間っから、なんかムラムラしちゃって…」

 

姉「へぇ、っていうか、オナニーしてるとこ初めて見たけど、めっちゃ間抜けな姿だよね(笑)」

 

僕「う・・・うるさいな。姉ちゃんがしろって言ったんじゃん!」

 

姉は自分の上げたエロ本でオナニーしている弟を喜んで、手コキで射精を手伝ってくれた

 

姉「ごめんごめん。そう怒るなって~。面白いもの見せてくれたお礼をしてあげるから」

 

というと、姉は僕の隣に座って、僕のチンポを握って、シコシコしてくれた。

 

自分以外の手でシゴかれる感触に僕はすぐにイッてしまい、姉の手の中に射精してしまった。

 

姉「ユウト、もうイッちゃったの?まだおこちゃまだね」

 

僕「だってさ、姉ちゃんの手が気持ちよすぎたんだよ。」

 

姉は、ニコッと笑って、「気が向いたらまたしてあげる。」と言って、ティッシュで精液を拭きとり、部屋を出て行った。

 

それ以来、姉を意識するようになり、姉のお風呂姿を覗いてみたり、脱いだパンツの匂いを嗅ぎながらオナニーする変態になってしまった。

 

あるとき、また姉が僕の部屋にやってきて、「そろそろ、同じエロ本だと飽きない?」と聞いてきた。

 

僕「うん、まあ飽きるけど、大丈夫」

 

まさか、姉のパンツの匂いを嗅いでオナニーしてるなんて口が裂けても言えない。

 

姉がまた手でシテくれるというので、パンツの上からアソコを触りながら姉の手の中に射精した弟

 

姉「ふーん。またしてほしい?」

 

僕「えっ?」

 

姉「こないだみたいなこと。」

 

僕「してくれるの?」

 

姉「気が向いたからね」

 

僕「じゃあ、おねがいします…」

 

と僕が最後敬語になったのがおかしいらしく、クスクスと笑いながら僕のチンポをズボンの上から握った。

 

姉「あれ?もうこんなにおっきくなってる。今日はどれだけ耐えられるかな~」

 

と意地悪そうな顔で僕を見る。

 

このとき姉はスカート姿だったから、ちょっとお願いしてみることにした。

 

僕「姉ちゃん、パンツ見せながら、手でやってくれない?」

 

姉はビックリしたような顔をして「あんた、マジで言ってるの?」と聞く。

 

僕「うん、マジだよ。」

 

姉「いいけど、自分でめくるのは恥ずかしいから、ユウトがやって。」

 

僕は手を伸ばし姉のスカートをめくった。

 

青色のパンツが現れ、僕のチンポはさらにおっきくなった。

 

姉は僕のズボンとパンツを脱がし、チンポをむき出しにした。

 

僕「おれ、姉ちゃんのパンツ見ながら、シゴかれて幸せだよ、姉ちゃん。」

 

姉「この変態!今日だけだからね。」

 

姉は僕のチンポをシゴきはじめた。

 

僕「姉ちゃん、今日だけだからパンツの上から触らせてくれない?」

 

姉「触りたいの?」

 

僕「うん、触ったらすぐ出ちゃうと思うけど…」

 

姉「ちょっとだけならいいよ。」

 

といって、姉がスカートを持ってくれ、僕は姉のパンツの上からアソコを触ってみた。

 

柔らかくて肉厚の感覚を指で感じ、僕のチンコはもう暴発寸前…。

 

僕は姉のアソコを触りながら「姉ちゃん、もうダメっ、イクっ!」と射精してしまった。

 

姉「こないだよりは我慢できたみたいだけど、まだまだだね。」

 

僕「今日は姉ちゃんのアソコ触っちゃったから、無理だよ~。なんかちょっと湿ってたし、余計に興奮しちゃってさ」

 

姉「フフ…あたしもちょっと気持ちよくなっちゃたからね~」

 

いつものように、姉はティッシュで拭いて、部屋を出て行った。

 

それ以来、1週間に1回は射精の管理をしてくれるようになった姉。セックスできるまでそう長くはないと悟った弟

 

その後も、1週間に1回くらい、僕の射精を手伝ってくれるようになった。

 

今では、姉がアソコを直に触らせてくれるようになったから、おそらく、セックスできるまでそう長くはかからないと思う。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ