脱童貞の相手は、姉と母だった僕…。禁断の逆3Pはひと晩中続いた。

XVIDEOにアップロードされているJAVHDの動画が約100円でフル視聴できる↓


JAHVDの詳細はコチラ

僕の家族は、父45歳、母43歳、姉21歳、僕19歳の4人で暮らしている。

 

といっても、父はマレーシアに単身赴任中でもう5年くらい帰ってきていないけど…。

 

あるとき、精の付く食べ物ばかりがテーブルに並び、それが逆3Pの始まりだった

 

あるとき、母と姉と僕で食事をしたときのこと。いつもより豪華な食事でビックリした。

 

山芋、焼肉、生牡蠣、うなぎがテーブルに並んでいた。

 

僕は「今日は何かのお祝いなの?」と聞いた。

 

母は「うん、まあね。トシが成人したお祝い。ねえ、マコ(姉の名前)?」

 

なにやら、母が姉と顔を見合わせながら僕に言った。

 

僕はすでに成人式を済ませているし、なにがお祝いなのか、よくわからなかった。

 

食後には、美味しそうなケーキが出てきて、「うんめーなー」と舌つづみを打った。

 

その後、母と姉が口を揃てて「そろそろ、お風呂に入ってきたら?」と言った。

 

腹がいっぱいで眠くなってきたから、眠気覚ましに風呂に入ってみた。

 

「なにか、姉ちゃんと母さんの様子がおっかしいなぁ…」と湯船の中でブツブツつぶやいた。

 

風呂から上がって、テレビを見ていると、姉と母がすぐにお風呂に入った。

 

風呂上がりの母に寝室に連れられ、ベッドには姉がネグリジェ姿で横になっていた

 

風呂上がり姿の母から、「ねぇ、トシ。ちょっとこっちにきて」と言われ、寝室に向かった。

 

すると、寝室のベッドには、ネグリジェ姿の姉が横になっている。

 

僕「ん?みんなどうしたの??」

 

と状況が呑み込めずキョトンとする僕。

 

姉は透けるような生地を身にまとっていて、胸の形がクッキリわかるし、下着は透けていて、真っ赤なTバックを穿いているようだった。

 

姉「そろそろ、トシも気づいたでしょ?」

 

姉にそう言われた瞬間、すべてが繋がった。夕食だってよく考えると精の付くものばかり、成人式はとっくに終わってるのにお祝いと言ってきた母…。

 

寝室で、僕は姉と母に筆下ろしされることを理解した…

 

ちなみに僕はまだ童貞だ…。まさか初の相手が女二人の逆3Pで筆下ろしされるなんて夢にも思わなかった。

 

しかも、相手は実の母親と姉という禁断の行為…。僕の股間は血液が集中し、徐々におっきくなっていた。

 

僕は黙っていたが、姉は「気づいたようね。」と言った。

 

母「トシ、最初の女は母さんとお姉ちゃん、どっちがいい?」

 

初体験の相手は、姉ちゃんがいい。という僕

 

僕「ん~じゃあまず姉ちゃんがいいな…」

 

とうつ向いて言った。

 

母「じゃあ、マコ。頼むわよ。」

 

と言って、僕はベッドに寝かされた。

 

両隣には姉と母が添い寝状態でいる…。女の匂いが2倍だ。もうこの時点でだいぶ興奮していた。

 

母と姉が両隣に添い寝してくれ、母は僕に濃厚なキスを始めた…

 

母が僕にソッとキスをして、舌を絡ませる…。そして姉は僕の一番敏感な部分を手でまさぐってくる…。

 

母のキスはどんどん激しくなっていき、僕も夢中で舌を絡ませた。気づいた時には、姉に素っ裸にされ、「トシのチンチン、意外とおっきいよ、お母さん。」と姉が母に話しかけた。

 

母はキスをやめて、僕の勃起したモノを見た。

 

母「あらっ、立派ね。お父さんよりおっきいかも」

 

母はキスをやめ、勃起したチンコを咥え始めた

 

すると、母は僕のいきり立ったペニスに顔を近づけ、ペロッと舐めた後、咥えてしまった。

 

姉「ちょっとお母さん、ズルいよぉ。あたしが先に舐めたかったのにぃ」

 

母「いいじゃないの。マコのために、もっとおっきくしといてあげるわね」

 

母はそう言うと、ジュポッと音を立てて僕のペニスを根元まで咥えた。

 

それと同時に、快感が脳天を突き刺す…「母さん、気持ちいいよ…」と僕は声を漏らした。

 

母「こんだけおっきくなれば、大丈夫だわ。マコ、準備はいい?」

 

もうすでに姉はネグリジェを脱ぎ、裸になっていた。

 

姉「うん、準備できてる」

 

母にギンギンにしてもらったペニスに姉が跨り、初相姦の瞬間…

 

姉が僕のチンコを持ちながら、腰の上にまたがって入れようとしている。久しぶりに見る姉の裸は、すっごく綺麗だった。

 

白くて大きい乳房に、締まったお腹、そして股間には漆黒の整った陰毛…。そんな姉に初童貞を奪われるなんて夢のようだった。

 

姉はゆっくりと腰を沈めていくと、母が姉に聞いた。

 

母「マコ、ゴム付けなくて平気?」

 

この日のために、ピルを飲んでいた姉。「いっぱい中に出していいんだからね」と言われ、僕は姉の中に射精した

 

姉「うん、平気。今日のために1か月前からピルを飲んでるから。トシ、あたしの中でいっぱい出していいんだからね?」

 

姉は再び腰を落とし始めた。

 

母「あぁ、マコ。トシのおチンチンがマコの中に入っていくわ」

 

姉「うぅん…お母さん、トシのチンチンおっきくて、超気持ちいいよ」

 

僕「姉ちゃん、おれも気持ちいよ。」

 

僕のペニスが姉の膣奥まで飲み込まれた。

 

姉のアソコはヌレヌレ状態で、姉が腰を上下に動かすたびに、僕のペニスを締め付けてくる。

 

僕はすぐに射精したくなり「ね、姉ちゃん!あぁ、で・・・出る!」と言い終わらないうちに、姉の膣内で果ててしまった。

 

姉がゆっくりと抜くと、白いマグマが姉の膣内から流れ出てきた。

 

母はドロッとした生臭い精液を口に含んで綺麗にしてくれた。

 

僕のペニスは母のお掃除フェラで、どんどん復活していく。

 

母のお掃除フェラで回復し、2回目は母の膣内で射精した

 

2回目は、母の中で、正常位で射精した。

 

さっきよりは、長い間我慢できたけど、母を満足させるには至らなかった。

 

3回目は、だいぶ膣内の感触にも慣れ、タマの精子も少なくなっていたこともあり、長く腰を振り続けても大丈夫になった。

 

ひと晩じゅう姉と母の体を味わい、最高の性教育を二人から受けた

 

姉を正常位で突いたり、母を四つん這いにして、バックからパンパンパンと突いたりと、姉と母の体で一晩中、性の勉強をさせてもらった。

 

父はマレーシアから帰ってくる気配がまったくないから、毎日のように、母と姉とセックスできる状況がとっても嬉しかった。射精をコントールできるようになって、姉と母を満足させるのが僕の最大の目標だ。


ムラムラしたら、高画質の無修正動画【完全無料】をどうぞ↓

近親相姦シリーズが見られる無料で見られるサイト

カリビアンコム無料キャンペーン

カリビアンコム無料プラン詳細はコチラ

 

パコパコママ無料キャンペーン

パコパコママ無料プラン詳細はコチラ


定額見放題】高画質の無修正で激カワニューハーフのペニクリが見られるサイトがコレ↓

tgirljapanの公式ページ

tgirljapanの詳細はコチラ